ファッション

「ア ベイシング エイプ(R)」がパリに仏初店舗をオープン

 「ア ベイシング エイプ(R)(A BATHING APE(R))」の親会社である香港企業I.Tはギャラリー・ラファイエット・グループ(GALERIES LAFAYETTE GROUP)と提携し「ア ベイシング エイプ(R)」の仏1号店を12月1日にパリのヴェルリ通りにオープンする。ヴェルリ通りはショッピングストリートとして知られるリヴォリ通りに平行している通りで、新店舗はギャラリー・ラファイエット・グループ傘下の仏百貨店、BHVマレ店の向かい側で、パリ市庁舎からほど近い場所に位置する。

 広さ約140平方メートルのオスマン調の店舗の壁はステンレスに、床はグレーの大理石に改修する。また、天井には鏡とライトボックスを設置し、空間に奥行きを持たせたデザインになる。店舗の後壁にはピクセル画で知られるアダム・リスター(Adam Lister)のアート作品が並ぶ。

 新店舗はエッフェル塔をモチーフにしたアイテムや、フランス国旗のトリコロールを取り入れた商品などの限定アイテムを用意する他、“APE HEAD”やシャークパーカなどのシグニチャーアイテムも並ぶ。オープン初日には来場者にラバーバンドとトートバッグを配布する。「ア ベイシング エイプ(R)」はロサンゼルスの“一等地”の他、今後も世界中に出店予定だという。

 「ア ベイシング エイプ(R)」はインテリアや雑貨、アート展覧会、カフェまで手掛け、ライフスタイル全般を強化している他、「シュプリーム(SUPREME)」や「フェンディ(FENDI)」など、他ブランドとのコラボにも力を入れている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら