ファッション

「マルジェラ」が「マッキントッシュ」とコラボ あの白衣がトレンチコートに

 「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」は「マッキントッシュ(MACKINTOSH)」とコラボし、ホワイトとグレーの限定トレンチコートを発売する。「メゾン マルジェラ」の白衣にインスパイアされた真っ白のトレンチコートは、白のホーンボタンや背面のフォースティッチといったブランドの象徴でもあるディテールを採用している。マルタン・マルジェラ(Martin Margiela)がブランドの集団的アイデンティティーを反映させるために製作した白衣は、ジョン・ガリアーノ(John Galliano)=アーティスティック・ディレクターからインターンまで、スタッフ全員が着用するブランドのシグニチャーとなっている。

 グレーのトレンチコートは、「マッキントッシュ」のアーカイブからインスパイアされたもので、ガリアーノ=アーティスティック・ディレクターが2017年春夏のアーティザナル・コレクションで披露した輪郭を際立たせて服の構造をあらわにする“デコルティケ”技法を襟と袖口に採用。どちらもゴム加工を施したテキスタイルを使用したウォータープルーフで、すべての縫い目をテープでつなぐことで、縫い目が見えない作りになっている。

 コート2型は12月から「メゾン マルジェラ」と「マッキントッシュ」の店舗およびセレクトショップで販売する。2018年春夏コレクションで発表された「メゾン マルジェラ」と「マッキントッシュ」のウィメンズのコラボアイテムは2018年3月から販売される。

 八木通商が傘下に収める「マッキントッシュ」は、これまでも「ヴェトモン(VETEMENTS)」や「ポーター(PORTER)」などとコラボレーションしてきた。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら