ファッション

「マルジェラ」の裏側に密着した動画 パリコレフィナーレと同時に24時間限定公開

 「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」がパリで27日11時(日本時間27日18時)より行われる2018年春夏コレクションのショーのフィナーレに合わせ、コレクションが発表されるまでの「メゾン マルジェラ」デザインスタジオの24時間に密着した1分間の動画シリーズ「インサイド・アウト(Inside Out)」をインスタストーリーで公開する。初回の動画を撮り下ろしたのはロンドンの映画監督ショーン・フランク(Sean Frank)で、プロジェクトの様子は#MaisonMargielaInsideOutで追うことができる。また、同動画は「メゾン マルジェラ」公式ウェブサイトでも同時公開される。

 コレクションの背景とインスピレーション源を公開するだけでなく、2018年春夏コレクションで発表される新バッグもフィーチャーする。「インサイド・アウト」の今後のエピソードは、デジタルエージェンシーのKCDデジタル(KCD DEGITAL)が企画・制作する。

 7月に発表された「メゾン マルジェラ “アーティザナル” デザインド バイ ジョン ガリアーノ(MAISON MARGIELA 'ARTISANAL' DESIGNED BY JOHN GALLIANO)」2017-18年秋冬オートクチュールコレクションでは、皮をはぐという意味の「デコルティケ」という技法を使って服の内部を見せたルックが登場した。内部を外側に見せるという意味の「インサイド・アウト」のコンセプトは、ここから始まっている。

 リカルド・ベッリーニ(Riccardo Bellini)最高経営責任者は「戦略上、革新性とブランドのDNAでもある匿名性、そして謎に包まれたクオリティーを維持しつつ、成功をおさめた“アーティザナル”コレクションと、プレタポルテのつながりを強化したかった。24時間で投稿が消えるインスタグラムストーリーと、「インサイド・アウト」のコンセプトはこの戦略にぴったりだった」と説明する。なお、インスタストーリーの性質上、同動画は24時間で消える。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。