ビューティ
連載 ビジネスリポート

「ゾゾコスメ」のホリデー実績は前年の2倍に伸長 年間商品取扱高100億円も射程距離(2022年下半期)【ビジネスリポート先行公開】

有料会員限定記事

 ファッション通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」が展開する「ゾゾコスメ(ZOZOCOSME)」は3月に2周年を迎える。強みであるメイクカテゴリーの伸長で、スタートからわずか1年で商品取扱高57億円、2023年3月期の商品取扱高は前期比75.4%増の100億円にまで拡大する計画だ。そんな「ゾゾコスメ」の7〜12月の商況について、ZOZOの平井勝ブランド営業本部 ブランド営業一部 ディレクターと豊田慶EC推進本部 カテゴリ推進部 コスメブロック ブロック長に話を聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2023年2月27日号付録ビジネスリポートの先行公開です)

WWD:2022年下半期の商況は?

平井勝ZOZOブランド営業本部 ブランド営業一部 ディレクター(以下、平井):好調に推移し、前年同期比150%以上の実績。商品取扱高100億円を目指しており、目標に向けてラストスパートしている。10〜12月に発売したホリデーコフレが好調だ。「ゾゾコスメ」では2度目のホリデーシーズンのためアイテム数も増やしたほか、前年は10月下旬からだった展開を今回は10月上旬からにし、12月1日に俳優の北村匠海さんを起用した新ウェブCMをスタート。華やかなゴールドリップを塗った北村さんが豊富なコスメブランドも取り扱う「ゾゾタウン」を紹介する内容が評判を呼び、ホリデーの勢いを後押しした。その結果、ホリデーコフレの売り上げは前年の2倍近い伸びをみせた。ホリデーで好調だったブランドは、「ディオール(DIOR)」「イプサ(IPSA)」「エスティ ローダー(ESTEE LAUDER)」「マック(M・A・C)」などだ。

WWD:ホリデー以外で好調だったブランドやアイテムは?

この続きを読むには…
残り1916⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。