ファッション

「プロジェクトセカイ」コラボが過去最高初日売り上げを記録 「ゾゾタウン」の好調ショップとその理由は?(2022年下半期)【ビジネスリポート先行公開】

有料会員限定記事

 大手セレクトから気鋭のD2Cブランドまで幅広く取り扱う国内最大級のファッションEC「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」ではどんなショップやアイテムが支持されているのか。最大顧客層であるデジタルネイティブなZ世代の購買動向から、今のトレンドが浮かび上がる。ZOZOブランド営業本部ブランド営業二部の東奈里香ディレクターと北沢優衣ブランド営業Aブロック長に、2022年下半期の商況を聞いた。(この記事は「WWDJAPAN」2023年2月27日号付録ビジネスリポートの先行公開です)

WWD:2022年下半期の商況は?

東奈里香ZOZOブランド営業本部ブランド営業二部ディレクター(以下、東):引き続きプロパーが非常に好調だ。今年は行動制限がなく、お客さまの外出ニーズに伴い、買い物が増えている。特に行動制限下においては、重衣料アウターの消化が落ち込んでいたが、今年はアウターの新調もかなり見られた。そのほか、ゴルフやコスメでメガショップの出店もあり、年間購入者過去最高をキープできている。また、ギフトラッピングの利用率も上がってきている。イベントの復活に合わせて、消費ニーズ自体が増えている印象だ。

WWD:ゴルフショップは好調?

東:ショップ数が増え、オープンにあたって各社限定アイテムを仕込んだり、「ユナイテッドアローズゴルフ」ように既存事業から新ラインが登場したり、話題性もある。メンズ・ウィメンズ共に前年同期比約70%増と同等に伸長している。ゴルフトーナメント「ZOZOチャンピオンシップ」会場内でも、ブースを設けるなど、「ゾゾタウン」がゴルフブランドを取り扱っているイメージも浸透してきているのではないかと思う。

WWD:特に好調だったアイテムは?

この続きを読むには…
残り2615⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

心に響く美しい洋服を作り始めたパリコレ特集 “脱マスク”時代の化粧品業界を秋まで展望

3月20日発売の「WWDJAPAN」は、2023-24年秋冬パリ・コレクション速報です。今シーズンのパリ・コレクションは、「グレイト・リセット」。多くのブランドは本質的な洋服を作ろうと、シャープなシルエットのテーラードや、黒を主体とするリッチな色合いのドレスを提案。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。