ファッション

ZOZOの「似合うラボ」、本紙のオシャレ好き記者が体験してみた

 ファッションECサイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOは12月16日から、パーソナルスタイリングサービス店舗「似合うラボ(niaulab by ZOZO)」の予約受付を開始する。「似合うラボ」は、内装をデザイン・設計事務所の「ダイケイミルズ(DAIKEI MILLS)」が手掛け、事前アンケートをもとにしたZOZOの開発した「似合うAI」と人気スタイリストにより、似合う服を提案してくれる、まさに実験的で革新的な“ZOZO初のリアル店舗“なのだ。16日を前に、メディア向けに体験会を実施した。その模様をレポートする。

事前アンケートをもとに「似合うAI」が提案したアイテムは「若干微妙?」

 体験者は「WWDJAPAN」ソーシャルエディターの津田一馬。好きなブランドは「サカイ(SACAI)」「アワー レガシー(OUR LEGACY)」「ヘド メイナー(HED MAYNER)」、毎日のように「ファーフェッチ(FARFETCH)」やメルカリを徘徊する筋金入りのファッション中毒者。元アメフトボーラーで、体型は身長175cm、体重75kgとかなりごつめ。本日のファッションはアウターが「サカイ」、トップスが「トーガ ビリリース(TOGA VIRILIS)」、ボトムスが「ヘド メイナー」、スニーカーは「サロモン」。事前アンケートではよく買うブランドに「サカイ」「シーイー(C.E)」、よく買うサイトに「FARFETCH」「SSENSE」を挙げていた。

 事前アンケートをもとに「似合うAI」が津田に3スタイリングを提案してくれる。この3つのスタイルを見ながら、雑誌などで活躍する人気スタイリストの片貝俊さんと、自分の好きなスタイルやカラー、シルエットの好みを改めて共有し、どういったスタイリングにするかを詰めていく。いろいろ話し合った上で、「津田好みバージョン」と「意外性バージョン」の2タイプのコーディネートで行くことが決まる。津田は自分の好みがはっきりしていたので、片貝さんは若干やりづらそう。

 トップス、ボトムス、アウター、スニーカーなどアイテムは商品カテゴリごとに陳列されている。ZOZO広報によると、「店内にはコーディネートされたマネキンなどはあえて置かないことで、スタイリストと本人でじっくり商品を見て選べるように配慮した」という。商品を選ぶ際にスタイリストの片貝さんが「メーンとなるアイテムを先に決めて、そこから合わせるボトムスなどを合わせて行くのはどう?」みたいな提案をしてくれる。

 こちらが「津田好み」バージョン。「攻めたアイテムを選んでみよう」とのことだったので、鮮やかな緑のパンツをセレクト!トップスも薄いミントカラーのニットを選ぶ。津田にとって「攻めたアイテム」とは、ちょと可愛らしい感じのものらしい。

 こちらが「意外性バージョン」。「グローバルオール」のダッフルに、「ジェームズパース」のスタンドカラーシャツ、モヘアのもこもこカーディガン、「スティーブンアラン」のゆったりとしたトラウザー、という爽やか優等生的なスタイリングに、津田は明らかに戸惑い、「こ、こんなのは俺じゃないっす」と抵抗する。好みかどうかはかなり議論の余地がありそうだが、一般的にはこちらのほうが安心・安定なモテ系コーデな気がする。個人的には「アリ」だぞ。津田も、「今回は新しい自分を見つけるってこともあるし」とか言いながら、撮影にはこちらを渋々セレクト。

コーデ完成!メイクも

 コーデを決めると、次はヘアメイク。男性でも目の下のクマをとったり、ヘアスタイルをきれいに整えてくれる。爽やか系コーデなので、金髪にしていて眉なしに見える津田の眉をブラウンにして、雰囲気を爽やかにしてくれる。これには津田も「こっちの方が良いッス」と納得の様子。メイクアップが終わると、本番の撮影。プロのフォトグラファーさんがいろいろなパターンの写真を撮影してくれる。これは嬉しい。

まとめ

 今回の「BEFORE」と「AFTER」を並べると、正直、むしろ「BEFORE」の写真と「AFTER」の写真を逆に並んでいた方が、いい感じの変身感は出ると感じた。変身が目的ではなく、あくまで目指しているのは「似合う」。だとすれば、これも正解なのかもしれない。

 ただ、今回の体験取材で感じたのは、津田のように自分で自分の好みを把握した上で、過去にかなりの失敗を乗り越えて、すでに自分のスタイルを確立している人には、ちょっと相性の悪いサービスのようにも感じた。そもそも津田のように「自分に似合う服」を把握している人のほうが少数派であることを考えると、それは仕方がないようにも思う。

 いずれにせよ、プロのスタイリストとヘアメイクアップアーティストが優しく寄り添いながら、服を選びメイクアップしてもらえるサービスはかなりユニークで、「似合うラボ」を試してみたい人にとってはとてもありがたいサービスであることは間違いない。「似合う」の精度を高めるための、ZOZOの本気度に注目だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。