ファッション

「メゾン マルジェラ」がジョン・ガリアーノによるアーティザナルの企画展 恵比寿の店舗をミュージアム化

 「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」は、クリエイティブ・ディレクターのジョン・ガリアーノ(John Galliano)によるオートクチュールの“アーティザナル(ARTISANAL)” コレクションの企画展を東京・恵比寿のメゾン マルジェラ トウキョウで11月23日〜12月11日に開催する。

 「メゾン マルジェラ」のクリエイションは、パルファン(香水の原液)がオードパルファン、オードトワレと希釈されていくように、ガリアーノが“アーティザナル”で提起するアイデアや技術がプレタポルテ、プレコレクションへと“ろ過”されていくピラミッド型のデザインプロセスになっている。今回の企画展では、男女合同ショーの2019年春夏“アーティザナル” コーエド・コレクションで発信した“デカダンス(退廃的)”の概念が、19-20年秋冬“デフィレ”コーエド・コレクション、20年プレ・スプリングの位置付けである20年春夏“アヴァン・プルミエール”コレクションへとどう浸透したのかを見ることができる。

 同期間限定で店内の半分を展示スペース、もう半分をミュージアムショップとして美術館のように見せる。展示スペースでは、19年春夏“アーティザナル” コーエド・コレクションのコレクションピース(非売品)を6ルックを披露するほか、コレクション動画を見ることができるシアタールームも設ける。

 ティザー動画では、“アーティザナル”で現代のデカダンスをイメージして登場した青いプードルのモチーフを、プレタポルテではピンクフラミンゴへと変化させた様を表現している。

■Maison Margiela ‘Artisanal’ Exhibition discovering the ‘Artisanal’ Co-ed Collection designed by John Galliano Spring-Summer 2019
会期:11月23日〜12月11日
時間:12:00〜20:00
場所:メゾン マルジェラ トウキョウ
住所:東京都渋谷区恵比寿南2-8-13

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら