ファッション

「メゾン マルジェラ」が4日間にわたり“アーティザナル”のデジタルコレクションを発表

 「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」は7月8日(フランス時間)を皮切りに、ユニセックスのオートクチュール“アーティザナル コーエド コレクション (ARTISANAL Co-ed Collection)”のデジタルインスタレーションを発表する。2020-21年秋冬オートクチュール・ファッション・ウイーク期間中の8日の後、11日、15日、16日の4日間に分けて全容を明かしていく。

 “アーティザナル”はメゾンの実験室であり、来シーズンのプレタポルテなどのコレクションのデザインにつながるソースとなるもの。メゾンは「再現することは、そこに宿る価値と意図を照らし、その本質を呼び起こすこと。それは、透明性のある明瞭なアプローチを意味する」というメッセージを発表しており、クリエイティブ・ディレクターのジョン・ガリアーノ(John Galliano)は今回のデジタルインスタレーションで透明性を掲げ、相互性(交流)と 一体性(包括)の新たな価値観を通してデザインアプローチを示すようだ。

 発表は「メゾン マルジェラ」のユーチューブ、インスタグラム、ウェイボー(微博、WEIBO)、ウィーチャット(微信、WeChat)の公式アカウントのほか、パリ・ファッション・ウイークの公式サイト上で配信される。

発表スケジュールは以下の通り、
第1報 フランス時間7月8日10時(日本時間8日17時)
第2報 同11日15時(同11日22時)
第3報 同15日18時(同16日午前1時)
最終報 同16日18時(同17日午前1時)

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら