ファッション

「ギャップ」と「バナナ・リパブリック」が肌に優しいマスクを販売

 ギャップジャパンは「ギャップ(GAP)」と「バナナ・リパブリック(BANANA REPUBLIC)」の両ブランドからオリジナルフェイスマスクを発売する。

 「ギャップ」は商品を作る工程で余った生地を使用し、コットン100%の肌に優しいマスクを製作した。デザインは全6種類と豊富にそろえ、日常使いにも飽きがこない工夫を凝らした。サイズは大人用から子ども用までを用意。価格は3枚セットで990円(税込)。7月8日に全国の店舗と公式ECサイトで発売する。

 「バナナ・リパブリック」からはシンプルな無地、フローラルプリント、カモ柄の3種類のデザインに加えて、同ブランドのルーツでもあるサファリをイメージしたデザインのマスクを一部の店舗限定で販売する。価格は3枚セットで2990円(同)。発売は7月下旬を予定している。

 どちらも洗濯して繰り返し使用することができる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら