ファッション

「ギャップ」と「バナナ・リパブリック」が肌に優しいマスクを販売

 ギャップジャパンは「ギャップ(GAP)」と「バナナ・リパブリック(BANANA REPUBLIC)」の両ブランドからオリジナルフェイスマスクを発売する。

 「ギャップ」は商品を作る工程で余った生地を使用し、コットン100%の肌に優しいマスクを製作した。デザインは全6種類と豊富にそろえ、日常使いにも飽きがこない工夫を凝らした。サイズは大人用から子ども用までを用意。価格は3枚セットで990円(税込)。7月8日に全国の店舗と公式ECサイトで発売する。

 「バナナ・リパブリック」からはシンプルな無地、フローラルプリント、カモ柄の3種類のデザインに加えて、同ブランドのルーツでもあるサファリをイメージしたデザインのマスクを一部の店舗限定で販売する。価格は3枚セットで2990円(同)。発売は7月下旬を予定している。

 どちらも洗濯して繰り返し使用することができる。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら