ファッション

「ギャップ」と「バナナ・リパブリック」が肌に優しいマスクを販売

 ギャップジャパンは「ギャップ(GAP)」と「バナナ・リパブリック(BANANA REPUBLIC)」の両ブランドからオリジナルフェイスマスクを発売する。

 「ギャップ」は商品を作る工程で余った生地を使用し、コットン100%の肌に優しいマスクを製作した。デザインは全6種類と豊富にそろえ、日常使いにも飽きがこない工夫を凝らした。サイズは大人用から子ども用までを用意。価格は3枚セットで990円(税込)。7月8日に全国の店舗と公式ECサイトで発売する。

 「バナナ・リパブリック」からはシンプルな無地、フローラルプリント、カモ柄の3種類のデザインに加えて、同ブランドのルーツでもあるサファリをイメージしたデザインのマスクを一部の店舗限定で販売する。価格は3枚セットで2990円(同)。発売は7月下旬を予定している。

 どちらも洗濯して繰り返し使用することができる。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら