ファッション

追記:「ギャップ」が新宿店をリニューアル 世界で唯一のカフェエリアをオープン

【追記4月1日】4月3日からリニューアルを予定していた「ギャップ 新宿フラッグス店」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、オープン日を延期しました(変更後のオープン日は未定)。

 ギャップジャパンは4月3日、「ギャップ 新宿フラッグス店」をリニューアルし、オリジナルブレンドコーヒーが飲める世界で唯一のカフェエリア「ギャップ カフェ」を店舗内にオープンする。同店舗のデザインと設計は、谷尻誠、吉田愛が率いる建設設計事務所のサポーズデザインオフィス(SUPPOSE DESIGN OFFICE)が手掛けた。

 同店舗は、1969年に米・カリフォルニアでデニムとレコードの販売からスタートした「ギャップ(GAP)」のルーツに、ブランドを代表するデニムや音楽、カルチャーなどさまざまな要素を組み合わせ、そこに日本らしさを加えて表現した。

 世界で唯一となる「ギャップ カフェ」は、ブランドロゴのオリジナルイラストや、メッセージ入りのラテアートを楽しめるカフェラテなどのドリンクやドーナツなどの軽食を用意。またオープンを記念して、4月3〜5日に同カフェを利用し、「ギャップ」LINE公式アカウントを友だち追加した先着200人にドーナツをプレゼントする。

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら