ファッション

ザラ・H&M・ユニクロ・ギャップ、4大グローバルSPAを読み解く

有料会員限定記事

 コロナ禍でファッション業界も大きなダメージを受けている。これを機に、ファッションサイクルのスローダウンや、過剰生産・大量廃棄の廃止、デジタル化を推進し、より社会的価値のある企業・ブランドに進化することが求められている。そんな中、「ザラ」を擁するインディテックス、H&M、「ユニクロ」や「ジーユー」を手掛けるファーストリテイリング、ギャップの4大グローバルSPA企業はどのような事業戦略を描いているのか。2019年度の決算を振り返りつつ、標準装備になりつつあるサステナビリティーを除く注目施策をチェックする。(この記事はWWDジャパン2020年6月1日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り3061⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。