ファッション

ザラ・H&M・ユニクロ・ギャップ、4大グローバルSPAを読み解く

有料会員限定記事

 コロナ禍でファッション業界も大きなダメージを受けている。これを機に、ファッションサイクルのスローダウンや、過剰生産・大量廃棄の廃止、デジタル化を推進し、より社会的価値のある企業・ブランドに進化することが求められている。そんな中、「ザラ」を擁するインディテックス、H&M、「ユニクロ」や「ジーユー」を手掛けるファーストリテイリング、ギャップの4大グローバルSPA企業はどのような事業戦略を描いているのか。2019年度の決算を振り返りつつ、標準装備になりつつあるサステナビリティーを除く注目施策をチェックする。(この記事はWWDジャパン2020年6月1日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り3061⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら