ファッション

ザラ・H&M・ユニクロ・ギャップ、4大グローバルSPAを読み解く

有料会員限定記事

 コロナ禍でファッション業界も大きなダメージを受けている。これを機に、ファッションサイクルのスローダウンや、過剰生産・大量廃棄の廃止、デジタル化を推進し、より社会的価値のある企業・ブランドに進化することが求められている。そんな中、「ザラ」を擁するインディテックス、H&M、「ユニクロ」や「ジーユー」を手掛けるファーストリテイリング、ギャップの4大グローバルSPA企業はどのような事業戦略を描いているのか。2019年度の決算を振り返りつつ、標準装備になりつつあるサステナビリティーを除く注目施策をチェックする。(この記事はWWDジャパン2020年6月1日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り3061⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら