ファッション

カニエ・ウェストが「ギャップ」とコラボ 「イージー」と新ライン立ち上げ

 カニエ・ウェスト(Kanye West)は「ギャップ(GAP)」とコラボレーションし、自身のブランド「イージー(YEEZY)」の新ラインを立ち上げる。2021年に「ギャップ」の店舗およびECで販売する予定だ。カニエの監修下、「イージー」のデザインスタジオはメンズ、ウィメンズ、キッズのアイテムを手掛け、「ギャップ」の手頃な価格帯で販売する。

 カニエは10代のときにシカゴで「ギャップ」の店員として働いていた経験もあり、久しぶりにブランドに“戻る”ことになる。両ブランド共に協業によって、新たな顧客層の獲得を狙う計画だ。また複数の媒体によると、今回の協業は単発のコラボレーションではなく、数年に及ぶパートナーシップだという。

 マーク・ブライトバード(Mark Breitbard)「ギャップ」グローバルヘッドは「カニエを『ギャップ』ファミリーに招き入れたことをとてもうれしく思う。彼はとてもクリエイティブな才能を持ち、共に素晴らしいパートナーシップを築けるだろう」とコメント。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら