ファッション

カニエ・ウェストが「ギャップ」とコラボ 「イージー」と新ライン立ち上げ

 カニエ・ウェスト(Kanye West)は「ギャップ(GAP)」とコラボレーションし、自身のブランド「イージー(YEEZY)」の新ラインを立ち上げる。2021年に「ギャップ」の店舗およびECで販売する予定だ。カニエの監修下、「イージー」のデザインスタジオはメンズ、ウィメンズ、キッズのアイテムを手掛け、「ギャップ」の手頃な価格帯で販売する。

 カニエは10代のときにシカゴで「ギャップ」の店員として働いていた経験もあり、久しぶりにブランドに“戻る”ことになる。両ブランド共に協業によって、新たな顧客層の獲得を狙う計画だ。また複数の媒体によると、今回の協業は単発のコラボレーションではなく、数年に及ぶパートナーシップだという。

 マーク・ブライトバード(Mark Breitbard)「ギャップ」グローバルヘッドは「カニエを『ギャップ』ファミリーに招き入れたことをとてもうれしく思う。彼はとてもクリエイティブな才能を持ち、共に素晴らしいパートナーシップを築けるだろう」とコメント。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら