ビューティ

カニエ・ウェストが化粧品ブランドを立ち上げか 「イージー」のメイクやスキンケアを

 ラッパー兼ファッションデザイナーのカニエ・ウェスト(Kanye West)は、自身のアパレルブランド「イージー(YEEZY)」から化粧品を発売するようだ。カニエは6月2日、米国特許商標局に「イージー」のスキンケアやメイクアップ、フレグランス、パーソナルケアアイテムの商標登録を出願した。

 カニエの知的財産を管理するマスコット ホールディングス(MASCOTTE HOLDINGS)は、ファンデーションやマスカラ、リップスティック、ボディーグリッターなどのメイクアップのほか、フェイスクリームやスクラブ、フェイスマスク、ボディーウオッシュなどのスキン・ボディーケアアイテム、デオドラントや歯磨き粉、ヘアケア、ルームスプレー、ポプリ、香り付きのストーン、アロマセラピーピロー(枕)などのパーソナルケアアイテムへの適用を申請した。

 仮にカニエがビューティアイテムを発売するとなると、カーダシアン・ジェンナー・ウェスト家からデビューする化粧品ブランドは、妻であるキム・カーダシアン(Kim Kardashian)の「KKW ビューティ(KKW BEAUTY)」、義理の妹のカイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)が手掛ける「カイリー・コスメティクス(KYLIE COSMETICS)」に次ぎ3つ目となる。なお、化粧品大手のコティ(COTY)は「カイリー・コスメティクス」の株式の51%を取得し(2020年1月に完了)、現在「KKW ビューティ」の買収も交渉しているという。

 「イージー」はセレブリティーがプロデュースするファッションブランドの中で最も成功したものの一つで、昨年は15億ドル(約1605億円)を売り上げたと「フォーブス(FORBES)」は予測する。なおカニエは09年にパーラックス フレグランス(PARLUX FRAGRANCES)と契約を結び、その後自身の名を冠したフレグランスを発売した。

 カニエは自身が毎週主催するゴスペルコンサートにちなみ、新ブランド「サンデー サービス(SUNDAY SERVICE)」の商標登録を昨年7月に出願したが、5年前にすでに別の人が申請していたことから許可が下りなかった。その後もカニエは申請をしており、承認を待っている。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら