ビューティ

カニエ・ウェストが化粧品ブランドを立ち上げか 「イージー」のメイクやスキンケアを

 ラッパー兼ファッションデザイナーのカニエ・ウェスト(Kanye West)は、自身のアパレルブランド「イージー(YEEZY)」から化粧品を発売するようだ。カニエは6月2日、米国特許商標局に「イージー」のスキンケアやメイクアップ、フレグランス、パーソナルケアアイテムの商標登録を出願した。

 カニエの知的財産を管理するマスコット ホールディングス(MASCOTTE HOLDINGS)は、ファンデーションやマスカラ、リップスティック、ボディーグリッターなどのメイクアップのほか、フェイスクリームやスクラブ、フェイスマスク、ボディーウオッシュなどのスキン・ボディーケアアイテム、デオドラントや歯磨き粉、ヘアケア、ルームスプレー、ポプリ、香り付きのストーン、アロマセラピーピロー(枕)などのパーソナルケアアイテムへの適用を申請した。

 仮にカニエがビューティアイテムを発売するとなると、カーダシアン・ジェンナー・ウェスト家からデビューする化粧品ブランドは、妻であるキム・カーダシアン(Kim Kardashian)の「KKW ビューティ(KKW BEAUTY)」、義理の妹のカイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)が手掛ける「カイリー・コスメティクス(KYLIE COSMETICS)」に次ぎ3つ目となる。なお、化粧品大手のコティ(COTY)は「カイリー・コスメティクス」の株式の51%を取得し(2020年1月に完了)、現在「KKW ビューティ」の買収も交渉しているという。

 「イージー」はセレブリティーがプロデュースするファッションブランドの中で最も成功したものの一つで、昨年は15億ドル(約1605億円)を売り上げたと「フォーブス(FORBES)」は予測する。なおカニエは09年にパーラックス フレグランス(PARLUX FRAGRANCES)と契約を結び、その後自身の名を冠したフレグランスを発売した。

 カニエは自身が毎週主催するゴスペルコンサートにちなみ、新ブランド「サンデー サービス(SUNDAY SERVICE)」の商標登録を昨年7月に出願したが、5年前にすでに別の人が申請していたことから許可が下りなかった。その後もカニエは申請をしており、承認を待っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら