ニュース

虎ノ門ヒルズの新棟にオーダースーツの「カシヤマ」が新店 オフィスビルに初進出

 オンワードパーソナルスタイルのカスタムメード業態「カシヤマ(KASHIYAMA)」は、6月11日に東京・虎ノ門に開業した商業施設・オフィス複合型ビル「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」2階に新店舗をオープンした。

 約125平方メートルの店内にはメンズ・ウィメンズのスーツライン“ザ・スマートテーラー(THE SMART TAILOR)”とカジュアルなセットアップライン“モダンテーラー(MODERN TAILOR)”のゲージサンプルを取りそろえる。大理石調の空間の中央にはカウンター席を備え、じっくりと接客を受けることができる。

 同業態のオフィスビルへの出店は初めてのケース。ビル上層のオフィスには東京都が外国企業を積極誘致しており、6月現在でFacebook Japanなどが入居している。「主なターゲットは周辺エリアのビジネスマン。通勤や昼休みの空き時間にショールームとしてご利用いただき、あとからECで購入していただくという利用法も想定している」(関口猛オンワードパーソナルスタイル社長)。

 同フロアには、そのほかアーバンリサーチとファミリーマートの協業業態「アーバン・ファミマ!!」や「鎌倉シャツ」などが店を出している。

 ビルは6月6日にが新設された東京メトロ日比谷線虎ノ門ヒルズ駅と直結している。虎ノ門エリアは近年、森ビルによる虎ノ門ヒルズを中心としたオフィス、商業施設、ホテル交通インフラなど一体の開発・整備が進行中。すでに完成している「レジデンシャルタワー」「森タワー」「ビジネスタワー」に加え、2023年7月竣工予定の「ステーションタワー」を合わせて4棟のビルが立ち並ぶことになる。さらにビルの麓の目抜き通り「新虎通り」は東京五輪・パラリンピックの選手村と新国立競技場をつなぐメインストリートになる予定で、羽田空港から発着するバスターミナルの整備も予定されるなど、外国人を中心とした来街客の増加が期待されている。

 なお、「カシヤマ」は5月11日から路面店営業を再開。6月3日からはブランドとして初めて期間限定価格で販売するキャンペーンを実施し、同月第1週のスーツの販売着数は前年同期比3.6倍に伸びた。ビデオ通話システム「ズーム(ZOOM)」でのリモート接客も試験的に実施し手応えを得たため、今後の本格導入も検討する。また、同ブランドとして初めてのインスタライブを6月20日(土)13時から公式アカウントなどで配信する。モデルの佐藤匠をゲストに迎え、 「カシヤマ」のオーダーメイドスーツやシューズを使用した着回しコーディネートや夏のファッショントレンドなどを紹介する。

 新型コロナの影響により上期(20年2月~)の出店は抑制したが「下期(8月~)は好立地を見極めて積極的に出店する」。通期で計10数店舗を出す計画だ。