ファッション

手軽で値ごろなオンワードのオーダースーツ店 「ヘンリープール」の最高級品を展開

 オンワードパーソナルスタイルのスーツを主軸とするオーダーメイドブランド「カシヤマ(KASHIYAMA)」は、英高級紳士服「ヘンリープール(HENRY POOLE)」のオーダー商品の展開を、都心8店舗で10月1日からスタートする。

 商品価格帯はオーダースーツが27万5000円〜、オーダージャケットが17万6000円〜、オーダースラックスが9万9000円〜、オーダーコートが33万円〜。展開店舗は札幌店、銀座6丁目店、銀座ベルビア館店、虎ノ門ヒルズ店、自由が丘店、名古屋栄店、大阪本町店、福岡天神店。それぞれの店舗には、専任の採寸スタッフを配置する。「ヘンリープール」は英ロンドンのサヴィル・ロウに本店を構え、同国の王侯貴族にも愛用されてきたブランド。日本国内では2014年からオンワード樫山が展開している。

 新型コロナ禍でスーツの購買そのものは目減りしているものの、「少ない着用シーンのために高品質なスーツを購入する方が増えている」と同社。「五大陸」など同社グループの紳士服ブランドでは、客一人あたりのスーツの平均購入単価はコロナ禍以前から1万円弱上昇しているという。

 「カシヤマ」は生産工程に最新のデジタル技術を導入することで、オーダースーツの納期は採寸から最短で1週間、価格は最安で3万円台を実現している。これまで「手軽」「値ごろ」を武器としてきたが、スーツへの投資や関心の高まりを背景に、最高級品の購買につなげる狙いだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。