ファッション

オンワード樫山が2023年春にEC主軸の「ネイヴ」立ち上げ 宮井雅史がプロデュース

 オンワード樫山は2023年春に、ECを主軸とする「ネイヴ(NAVE)」を立ち上げる。トータルプロデューサーを務めるのは、同社の「アンクレイヴ(UNCRAVE)」もプロデュースする宮井雅史で、スタイリストの福田亜矢子、斉藤くみがディレクターを務める。ファッションを軸に、ビューティ、フードアイテムなどの販売も順次計画する。10月25日にブランドデビューの展示会と合わせてランウエイショーを行う。

 宮井、福田、斉藤の3人はクロスプラスのEC主軸ブランド「ノーク(N.O.R.C)」を手掛けていたチーム。「ノーク」とは22年春夏で契約終了していた。

 「ネイヴ」は23年春からECモールの「オンワード・クローゼット(ONWARD CROSSET)」で販売するほか、シーズンごとにポップアップイベントも開催。福田がトレンド型リアルクローズラインの“ネイヴ”、斉藤が今の時代に合わせたベーシックラインの“リネイヴ”を手掛け、他ブランドやアーティスト、カルチャーなどとのコラボは“バイネイヴ”ラインとして打ち出す。プレデビューイベントとして、11月下旬から12月にかけて、冬物と梅春物のコラボレーション商品で構成するポップアップも実施予定という。

 30〜40代ウィメンズマーケットの“ヒット請負人”的存在の宮井は、2000年代にオンワード樫山でレディース商品開発室長を務め、ゼイヴェル(後のブランディング)に移ってからは上陸した米西海岸発の「キットソン(KITSON)」のプロデューサーとしてセレブカジュアルブームをけん引。その後はフラッシュセールサイトで企画制作を手掛けるなどしていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。