ファッション

森永邦彦×隈研吾 オンワードの「アンエバー」から花器を発売

 オンワード樫山は、森永邦彦が手掛ける「アンリアレイジ(ANREALAGE)」との協業によるバッグ・アクセサリーブランド「アンエバー(ANEVER)」から建築家・隈研吾とコラボレーションした花器を25日に発売する。

 花器は、「アンエバー」のシグネチャーであるドライフラワーを閉じ込めた大小のアクリルプレートを、使用者が好きな順番で重ねることで完成させる。一つ一つのプレートが回転することで、形状は無限に変化する。隈研吾建築都市設計事務所により“つみ花”と名付けられ、花を“摘む”ことと“積み”重ねることの2つの意味を掛け合わせた。ビジュアルにはブランドミューズの平手友梨奈を起用した。

 価格はSサイズが5万9400円、Lサイズが8万9100円。オンワードグループの公式EC「オンワード・クローゼット(ONWARDCROSSET)」、「アンリアレイジ」公式ECと渋谷パルコの店舗、「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」で取り扱う。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。