ファッション

「ピンクハウス」が50周年記念の回顧展 80年代を風靡したコレクションが一堂に

 メルローズの「ピンクハウス(PINK HOUSE)」は、ブランド創立50周年を記念したアーカイブ展「タイムレス ピンクハウス展」を、東京・代官山ヒルサイドフォーラムで9月30日〜10月9日に開催する。

 これまで発表してきた200種のプリント柄が彩る会場で、1980〜90年代のコレクションピースやカタログ・ショッパーのグラフィックなどを紹介する。ブランドを象徴するコサージュの生産過程をたどるムービーや“変化するドレス”をテーマにしたプロジェクションマッピングなども用意する。

 「ピンクハウス」は1972年にデザイナーの金子功が設立。リボンやピンタック、フリルやレースなどをあしらったフェミニンなデザインが特徴で、80年代には花柄のワンピースやスカートにミリタリーブルゾンなどを合わせる「ピンクハウススタイル」が一世を風靡した。現在は百貨店を中心に国内外に45店舗を展開している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。