ファッション

ビギが40代以上向け新ブランド 新時代で求められる「服作りの熱量」を追求

 ビギは2021-22年秋冬にウィメンズの新ブランド「デパリエ(DEPAREILLE)」をスタートし、このほどニュウマン新宿M2階に1号店をオープンした。40代以上をメインターゲットに、パリジェンヌをテーマとしたクラシックな女性服を提案する。

 中心価格帯はニットやパンツで3万円台中盤、ウールコートで8万円台中盤。ファッションビルブランドとしてはややハイプライスだが、同社の百貨店ブランドに負けない品質で提供する。ジャケットは芯地の処理を手仕事で仕上げたり、ウールニットはオリジナルの糸から作ったりと、生産背景にもこだわる。

 デザイナーは大槻聡士氏で、同社の「プルミエ アロンディスモン(1ER ARRONDISSEMENT)」との兼業。海外のメゾンブランドで培った経験を生かし、ファーストシーズンはパリの1960年代に思いを馳せ、セットアップを軸としたマニッシュなスタイルを提案する。「(60年代は)ファッションはオートクチュールからプレタポルテの時代へと移り変わった。ヌーベルヴァーグ運動も起こるなど、とにかく人々が“新しいもの”を求めていたころだ。コロナ禍の中で服を求めるマインドは停滞している。だが、当時のクリエイションへの熱量を服で表現できれば、これからの時代の女性の心にも響かせられる」。

 初年度売り上げ目標は設定していない。将来的には路面店や高感度ファッションビルに8〜10店舗を構える計画だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら