ファッション

「ケンゾー」が故・高田賢三氏の似顔絵を刺しゅうした新作コレクションを発売

 「ケンゾー(KENZO)」はこのほど、2021-22年秋冬コレクションから、故・高田健三氏をモチーフにした新作“ケンゾー タカダ トリビュート コレクション”を発売した。ゾゾヴィラ(ZOZOVILLA)と全国の直営店で取り扱っている。

 新作は、ブランド創立者の高田氏が残したアーカイブにオマージュを捧げ、「ケンゾー」が掲げる自由や喜び、多様性、自然への愛、コントラストが生み出す調和といったテーマをビビッドな色彩とイラストで表現した。アイテムは、高田氏の似顔絵のイラストを刺しゅうしたTシャツ(税込2万2000円)やフーディー(同5万3900円)、スエット(同3万9600円)の3型。Tシャツはウィメンズがブルーとブラック、メンズがグリーンとブラック、フーディーはウィメンズがグリーン、メンズがブラウン、スエットはウィメンズがブラウン、メンズがブルーを用意した。

 また、コレクションの発売を記念して、明治神宮前駅周辺をポスターでジャックするワイルドポスティングを実施したほか、「ケンゾー」のジャパン社としては初のローカルコンテンツとなるムービーを制作。東京を舞台に、モトーラ世理奈をはじめとした6人のキャストが周囲を巻き込みながら自由を謳歌する様子を描いた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら