ファッション

新型コロナウイルス感染で81歳で死去 デザイナー髙田賢三の軌跡

有料会員限定記事

 「ケンゾー(KENZO)」の創業者でもある髙田賢三氏が4日、新型コロナウイルスの合併症により、パリ郊外のヌイイ=シュル=セーヌにあるアメリカン・ホスピタルで死去した。81歳だった。ビッグシルエットのスカートやルーズで自由なルック、独自の鮮やかな色使い、華やかなプリントなどでパリを魅了し、フランスで最も愛された日本人デザイナーの一人だった。(この記事はWWDジャパン2020年10月12日号からの抜粋です)

 髙田賢三は1939年2月27日、兵庫県姫路市で旅館を経営する両親の元に生まれた。子ども時代を送った第二次世界大戦直後は娯楽がほとんどなく、雑誌を見ることだけが楽しみだった。「私は姉が持っていた雑誌を通じてファッションに強い興味を抱き、やがてパリかニューヨークに行きたいと思うようになった」という。しかし当時は男性が洋裁を学べる学校がなかったことから、神戸市外国語大学に進学。後に文化服装学院が男子生徒を受け入れるようになったため、両親の反対を押し切って大学を中退して同校に入学する。同級生にコシノジュンコ、「ニコル(NICOLE)」の松田光弘、「ピンクハウス(PINK HOUSE)」の金子功らがいたため、“花の9期生”と呼ばれた。

 「あまりにも突然の訃報で驚き悲しんでいます。世界のKENZOとして皆に愛された『ケンチャン』。私にとって学生時代の出会いから今まで思い出いっぱいつまった時間を共有できた最愛の親友でした」とコシノジュンコ。「優しくてナイーブな金子さん、みんなのまとめ役的な松田さん、金ぶちメガネで金ボタンのつめ襟学生服の賢三さん。私たちくらい仲がよく、お互いにライバル意識を燃やしたグループは、世界中どこを探してもないんじゃないかしら」と振り返る。

この続きを読むには…
残り2267⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら