ファッション

「ケンゾー」が山本寛斎氏とのコラボコレクションを発売

 「ケンゾー(KENZO)」は故山本寛斎氏とのコラボカプセルコレクションを30日、同ブランドの店舗とオンラインで発売する(日本では12月16日発売)。動物モチーフやアニマルプリントを得意とする両者のコラボで、山本氏のアーカイブからモチーフやアートワークを再考し、「ケンゾー」のデザインと組み合わせたコレクションだ。30着のウィメンズアイテムと25着のメンズアイテム、22のアクセサリーをそろえ、価格は125〜1270ドル(約1万3000〜13万2000円)だ。

 「ケンゾー」のフェリペ・オリヴェイラ・バティスタ(Felipe Oliveira Baptista)=クリエイティブ・ディレクターは2019年7月の現職就任時にコラボのアイデアを持っていたといい、当時「ケンゾー」の創業者、高田賢三氏と山本氏にプロジェクトの賛同を得ていた。

 バティスタ=クリエイティブ・ディレクターは、「両者はカラフルで奇抜なデザインを通してファッションに革命をもたらした人物。そして、他にはない方法で東洋と西洋の文化を融合させたパイオニアだ。伝説の2人の新たな物語を始めるのはとてもワクワクする。私のお気に入りは虎が前面と背面にある黒いTシャツで、山本寛斎氏が手書きした書体で『KENZO』『カンサイ』『フェリペ』と書かれている」とコメントした。

 山本氏は70年代初頭に日本人として初めてロンドンでファッションショーを開催して以来、音楽やダンス、アクロバットなど日本の伝統的なお祭りの要素を組み合わせた“元氣”なショーの数々で世界を魅了した。急性骨髄性白血病により20年7月21日、76歳で死去した。

 高田氏は60年代後半にパリデビューを果たし、モデルが踊っていたり動物までもが登場する熱烈なファッションショーを通じてファッションを開拓していった。新型コロナウイルスの合併症により10月4日、パリ郊外のヌイイ=シュル=セーヌにあるアメリカン・ホスピタルで死去した。81歳だった。

 バティスタ=クリエイティブ・ディレクターはコレクションを通じて、彼らの才能と功績を称えるオマージュを捧げたという。「おそらくだが、このように賢三氏と寛斎氏の名が残されていくことは2人とも望んでいると思う。仕事を通じて世界に喜びをもたらすことに人生を尽くした2人に捧げる」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら