ファッション

ファッションデザイナーの山本寛斎が死去 急性骨髄性白血病の闘病の末

 ファッションデザイナーの山本寛斎(76歳)が7月21日に死去した。山本氏は今年2月に急性骨髄性白血病の診断を受けて闘病生活を送っていた。葬儀は近親者のみで執り行われており、新型コロナウイルスの状況を見極めて、お別れの会などの開催を検討するという。

 7月31日に開催予定の山本氏によるパフォーマンスを融合したファッションショー「日本元気プロジェクト2020 スーパーエネルギー!!」は、予定通りオンラインで配信される。京都府と滋賀県にまたがる世界遺産の比叡山延暦寺で生中継され、夏木マリや市川右團次らがモデルとして登場する予定だ。

 山本氏は1944年生まれ。和洋折衷のアバンギャルドなデザインで、世界的に知られるファッションデザイナーだ。71年にロンドンで日本人として初めてファッションショーを開催して以降、デヴィッド・ボウイ(David Bowie)の衣装を手掛け、エルトン・ジョン(Elton John)、スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)ら著名アーティストとの交流を深める。その後はパリやニューヨーク、東京でファッションショーを開いてきた。93年以降は、ファッションデザイナーの枠を超えてライブイベントのプロデューサーとして活動した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら