ファッション

「ルイ・ヴィトン」が世界一“目力”の強い店を南青山にオープン

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、9月29日に東京・南青山にオープンするポップアップストアを公開した。2018年クルーズ・コレクション(プレ・スプリング・コレクション)を取り揃え、日本限定アイテムを先行販売する世界唯一のポップアップストアだ。店内は、ウィメンズのアーティスティック・ディレクターを務めるニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)がこのシーズンに敬意を表したデザイナー、山本寛斎デザインのダルマに溢れ、その目力みなぎる視線が常に来店客を見つめるユーモア満載のショップだ。

 1階には、色とりどりのダルマとタイコを設置。タイコを叩くと、「ルイ・ヴィトン」のロゴマークをあしらったダルマがクルクル回転するユニークな仕掛けだ。その反対には、巨大なダルマのインスタレーションを設け、フォトジェニックな空間に仕上げた。奥に進むと、18年クルーズ・コレクションで実際に用いたファブリックが並ぶ。

 2階には、クルーズ・コレクションが並ぶ。侍や武道、葛飾北斎、黒澤映画などの哀愁を想起させるウエアのほか、歌舞伎のお面、寛斎によるダルマを随所にあしらった“モノグラム”のアクセサリーなどは、自然と笑みがこぼれるほど見ていて楽しい。2万円代のバンダナやチャームから、100万円を超える総スパンコールのドレスまで、幅広いラインナップだ。

 「ルイ・ヴィトン」の18年クルーズ・コレクションは、滋賀県のミホ・ミュージアムを舞台にランウエイショーを開催。日本の各地で見られる、都会と自然、伝統とモダニティの進化などにインスピレーションを得ている。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら