ファッション

NIGO®が「ケンゾー」のデザイナーに就任

 「ケンゾー(KENZO)」は9月20日付で、NIGO®「ア ベイシング エイプ®(A BATHING APE® 以下、ベイプ)」創業者をアーティスティック・ディレクターに任命した。ウィメンズ・メンズのデビューコレクションは、来年1月のパリ・ファッション・ウイーク中に発表する。なお、2019年からデザインを率いてきたフェリペ・オリヴェイラ・バティスタ(Felipe Oliveria Baptista)氏の後任だ。

 1970年生まれのNIGO®(本名は長尾智明)氏は高田賢三「ケンゾー」創業デザイナーと同じ、文化服装学院を卒業。「ケンゾー」がLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下になった1993年にファッションのキャリアをスタートし、同年に「ベイプ」を立ち上げた。フルジップ仕様の“シャーク”フーディーをはじめとするヒットアイテムを生み出し、ストリートウエア界をけん引してきた存在だ。そのほかファレル・ウィリアムス(Pharrel Williams)とストリートウエアブランド「ビリオネア ボーイズ クラブ(BILLIONAIRE BOYS CLUB)」を立ち上げたり、ユニクロの「UT」シリーズのクリエイティブ・ディレクターを務めるなど、幅広く活躍。2010年には「ヒューマン メイド(HUMAN MADE)」を立ち上げ、11年には「ベイプ」をI.Tに売却後、13年に同ブランドを去った。

 シドニー・トレダノ(Sidney Toledano)LVMHファッショングループ(LVMH FASHION GROUP)会長兼最高経営責任者(CEO)はNIGO®氏が「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」とコラボしたコレクションに感銘を受け、ルイ・ヴィトンのマイケル・バーク(Michael Burke)会長兼CEOに当時、彼を「ケンゾー」のデザイナーに起用することを提案されたという。トレダノ会長兼CEOは「NIGO®氏は長年高田賢三氏を敬ってきた。『ケンゾー』の豊富な知識だけでなく、彼のパーソナリティーやクリエイティビティーは素晴らしい」と評価する。

 NIGO®氏は「高田賢三氏はさまざまな文化に対する理解・知識を通して、オリジナル性に長けたコレクションを手掛けてきた。それは私のクリエイションの哲学にも共通することだ。賢三氏のクラフツマンシップを継承しながら新たな『ケンゾー』を作ることは、30年に渡る私のキャリアにおいて、一番のチャレンジになるだろう」とコメントしている。

 なお、NIGO®氏の就任とともに、新たなCEOにシルヴァン・ブラン(Sylvain Blanc)=アンディズ(UNDIZ)CEOの起用も発表した。ブラン氏は仏百貨店プランタン(PRINTEMPS)でキャリアをスタート後、2010年に高級パティスリー「ユーゴ&ヴィクトール(HUGO & VICTOR)」を立ち上げ、18年から仏下着ブランド「アンディズ」の事業を率いている。10月18日付でケンゾーのCEOに就任する。シルヴィー・コリン(Sylvie Colin)現CEOの後任だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら