ファッション

眼鏡アイヴァンが5つ目のオリジナルブランド「イーファイブ アイヴァン」を12月上旬に発売

 眼鏡企業のアイヴァン(東京、山本典之社長)は、「アイヴァン(EYEVAN)」「アイヴァン 7285」「10 アイヴァン」「アイヴォル(EYEVOL)」に続く第5のオリジナルブランドとして、「イーファイブ アイヴァン(E5 EYEVAN)」を12月上旬に発売する。“メタルシリーズ”と“プラスチックシリーズ”からなる全7型展開で、価格は4万7300円~。

 広報担当者は、「『イーファイブ アイヴァン』は“形態は役割、目的に従う”という生物学の考えに影響を受け、これまでとは全く異なるアプローチでファンクションを追求する。例えばカエルの水かき、花や貝殻などから機能を学ぶ」と話し、同ブランドを構成する5大要素として“実用的であること”“機能が必然であること”“安心して扱えること”“フレシキブルであること”“長く使えること”を挙げる。同時に、着用時にストレスを感じさせないなど、快適かつ豊かな工業製品も標ぼうする。

 12月上旬の発売に先駆けて、9月25日から10月24日まで「アイヴァン 7285 トウキョウ」と「ジ・アイヴァン 京都祇園」でポップアップイベントを行う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。