ファッション

“世界一”の眼鏡店「グローブスペックス」が7月27日、代官山店を移転リニューアル

 眼鏡店のグローブスペックスは、代官山店を7月27日に移転リニューアルオープンする。「旧代官山店を含むエリアの再開発に伴うもの」(岡田哲哉社長)で、新店舗の場所は旧店舗から道を挟んだ斜め向かい。岡田社長は、「移転を知らずに訪れたお客さまも迷わず、安心している」と話す。店舗面積は122平方メートルで、初年度売り上げ目標は1億2000万円。

 新代官山店について岡田社長は、「店を作る際は必ず既存店を上回るものをと考えるが、代官山店はイタリア・ミラノで開催される世界最大の国際眼鏡展『ミド(MIDO)』が世界一のアイウエアショップに与える『ベストア・アワード』をアジアで初めて受賞した店舗だ。そのため新たな試みとして、店舗デザインを東京・三鷹の内装会社ロバートハウスに依頼した。『オールドジョー(OLD JOE)』やジャンティーク内田商店など数々の素晴らしいショップを手掛けており、その全てが個性あふれるオーラを放つ。グローブスペックスとの相性の良さには自信があった。また渋谷店、京都店に続いてサインアートはナッツ アート ワークスに、植栽は中目黒の生花店チビにお願いした。1+1+1+1が4ではなく、10になった」と述べる。

 グローブスペックスは東京・渋谷、代官山、京都に店舗を持つ。代官山店は2000年、複合施設の代官山アドレスの開業と共にオープン。その後、16年に猿楽町に移転した。

■グローブスペックス代官山店
オープン日:7月27日
時間:12:00〜19:00(緊急事態宣言解除後は変更の可能性あり)
定休日:無休
住所:東京都渋谷区猿楽町11-19

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら