ファッション

バッグのエースが就活生向けのバッグレンタルサービスを開始

 バッグとラゲージメーカーのエースは7月26日、就活バッグに特化したレンタルサービス「カバレント(KABARENT)」を開始した。学生が就職活動期間のみ使用するリクルートバッグを貸し出すサービスで、利用開始時に5500円を支払うことで、1万1000円相当のバッグを最長1年半レンタルすることができる。返却時にはエースのオンラインストアで利用可能な5000円分のクーポンを配布する。

 レンタル対象のバッグは同社の採用担当や若手社員の声を反映して開発した新作で、メンズ2型、ウィメンズ2型の4種。床においても自立する構造をはじめ、書類や筆記用具を整理できるポケット、肩がけできるショルダーベルトの付属などにこだわり、バッグメーカーならではの配慮が凝らされている。返却後のバッグは自社の工場でクリーニング、リペアを行い、繰り返し貸し出される予定だ。エースは長年スーツケースのレンタル事業を行っており、コロナ禍前の2019年には年間1万3000本を貸し出していた実績がある。

 エースの企画担当者は「コロナ禍でオンライン面接が増えている背景から、数少ないリアル面接や入社式のために就活バッグを購入することに抵抗感を持つ学生が増えていることが分かった。購入しても家での置き場に困り、廃棄をしてしまうという声も聞き、レンタルサービスでSDGsに貢献できるのではないかと考えた。また、当社は年配層のブランド認知度は高いが、若い顧客とのタッチポイントが作れずにいた。返却時に配布する5000円のクーポンで、卒業旅行用のラゲージや就職後の通勤バッグを購入いただくなど、レンタル後も継続して利用いただけたらうれしい」と話す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら