ファッション

バッグメーカーのエースが不織布マスクを公式オンラインストアで販売

 バッグとラゲージメーカーのエースは6月4日に、公式オンラインストアで不織布マスクの販売を開始した。

 中国政府に正式に認定を受けた提携工場の無菌室で生産し、オゾン殺菌と紫外線殺菌の2種類の殺菌処理を施している。月に約25万枚を生産する予定で、1箱50枚を2500円で販売する。

 エースの公式アプリをダウンロード後、オンラインストアで先行予約で購入することができる。またエースは7月に、北海道赤平市に構える自社工場で布マスクの製造を開始することも発表している。

 観光庁が7月下旬からの実施を予定している「Go To トラベル事業(仮称)」などの影響で、マスク着用が旅の常識となることを見越し、旅行用スーツケース製造を行うメーカーとして今後も継続的な販売を計画している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら