ビューティ

イガリシノブの「フーミー」がメイクアップ発想のマスクを発売

 イガリシノブ=ヘア&メイクアップアーティストが手掛けるコスメブランド「フーミー(WHOMEE)」は12月2日、メイクアップの感覚を取り入れたオリジナルマスク3種を公式オンラインストアで発売する。12月7日からは全国のバラエティーストアでも順次販売する。製品はイガリが現場で培ったメイクアップの発想を取り入れているほか、機能性も両立させた。

 アイテムは小顔や血色感、立体感などのメイクアップで求められるニーズをキーワードに据えた。ダークブラウンと柔らかなピンクカラーのゴム紐を組み合わせた“ちっちゃ顔タイプ”(税込550円、以下同)は血色感を含んだダークブラウンカラーが顔の引き締めを演出。“ほりふか顔タイプ”は陰影を際立たせるナチュラルカラーのマスクとダークブラウンのゴム紐のバイカラーに、“血色感タイプ”は血色感をアップさせる柔らかなベージュとネイビーを合わせた。

 使い心地も考慮し、マスクは優しい肌触りの素材を使用しているほか、耳が痛くならないよう平ゴムを取り入れた。そのほか、メイク汚れが目立たないよう内側のカラーはベージュで仕上げている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。