ビューティ

「ケイト」人気の小顔シルエットマスクから初の不織布タイプが登場 色影デザインが立体的な小顔を演出

 グローバルメイクブランド「ケイト(KATE)」は6月18日、ブランド初の小顔シルエット不織布マスク“ケイト マスク F”(税込各781円※編集部調べ)を数量限定で発売する。同マスクにはノーズ&チークシェードとフェイスラインシェードの色影デザインが施され、シャープで立体的な小顔印象を演出する。また、ウイルス飛沫と花粉を99%カットする高性能4層フィルターも採用している。

 マスク着用生活が長期間続くことから、ブランドでは“マスクも自分を表現するメイクの一部“と捉え、2020年12月から小顔に見えるマスクを開発しシリーズ化している。

 ブランド初となる不織布の小顔シルエットマスク“ケイト マスク F”は、顔の余白をカバーしたように見せるノーズ&チークシェードとフェイスラインをすっきり見せるフェイスラインシェードの色影が小顔の印象を与える。また、ノーズフィッターが顔にフィットして鼻を高く見せることで、立体的なシルエットをかなえる。

 カラーは肌を明るく引き立てるラベンダー、ミルクティーブラウン、ロゼピンク、ニュアンスグレーの4色をそろえ、メイクのように気分やコーディネートに合わせて楽しむことができる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら