ファッション

ファミマの200万枚超えの大ヒットマスクに新タイプ

 ファミリーマートはこのほど、累計200万枚を販売した「プーマ(PUMA)」の布マスクをリニューアルした。

 同マスクは2020年12月から販売しており、ノーズクリップ付きであることや、着け心地を重視した立体構造などの特徴が支持を集め、一時は売り切れ状態になるほどの人気を集めた。ファミリーマート限定で販売しており、これまで累計200万枚以上売れている。新マスクは抗菌防臭機能付きで繰り返し使用可能で、「プーマロゴ」をシルバーに変更している。価格は825円(税込み)。全国のファミリーマートで販売中だ。

 製造元は、伊藤忠商事傘下のロイネ。繊維カンパニー出身の岡藤正広会長CEOは「業界・業態を横断したマーケットイン」を掲げており、グループ企業同士のファミマとロイネが連携し、大ヒットしたマスクは、こうした成功事例の一つになる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら