ファッション

鞄と海の街、豊岡発のスクールリュック「ウミ」は漁網をリサイクル

 兵庫県豊岡市を拠点に鞄の製造販売を行うアートフィアーが、廃棄漁網をリサイクルしたスクールリュック「ウミ(UMI)」を発表した。

 豊岡市は鞄の生産量が日本一であり、美しい海でも知られる。兵庫県鞄工業組合による地域団体商標「豊岡鞄」は現在、「100年後も豊かな海と鞄に支えられた街であるために」をモットーに掲げ、廃漁網を有効利用する取り組みを行っている。「ウミ」も組合の審査により、その品質や強度が認定されている。主素材には再生した廃棄漁網を使用し、1180グラムと軽量ながらも大容量で学校生活に必要な荷物が収まる。23の機能を備え、安全性や長く使うことにも配慮して設計されている。製品の売り上げの一部はアートフィアーが参加する、海洋プラスチックごみ問題に取り組む一般社団法人アライアンス・フォーザ・ブルーに寄付される。

 9月7日から27日まで、伊勢丹新宿店本店6階のランドセル売場で期間限定販売会を実施予定。また、7月中旬からは城崎マリンワールド館内のミュージアムで廃棄漁網の問題や、課題解決として同工業組合として取り組んでいる廃棄漁網ナイロン素材を使った製品の紹介などを行う。