ファッション

「ザ・ノース・フェイス」が原宿にアスレチックの旗艦店をオープン ランニングジャケットを好みにアレンジ

 ゴールドウインが手掛ける「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」は、ランニングやトレーニングを軸とするアスレチックカテゴリーの旗艦店「ザ・ノース・フェイス スフィア(THE NORTH FACE SPHERE)」を東京・原宿に7月1日にオープンする。地下1階と地上1~6階で、地上1階がエントランス、地下1階と地上2〜3階が物販、4階がオフィス、5階がイベントスペース、6階がテラスだ。

 物販では、アウトドアで培った機能性を生かしたアパレルとグッズをメンズ・ウィメンズともにそろえる。4階にはカスタムサービス“141CUSTOMS(ワンフォーワンカスタムズ)”のコーナーを常設。ジャケットやパンツなど特定のアイテムを対象に、ロゴや生地の色、身幅や股下などを自分好みにアレンジできる。アスレチックカテゴリーで同サービスを導入するのは初めてだ。店頭には、マラソンやトレイルランニング、日常的なファンラン、フィットネスなど、幅広いアクティビティに精通するスタッフが立つ。アイテム選びはもちろん、大会の情報提供やエントリーのサポート、トレーニングのアドバイスまでを行う。

 持続可能性への意識も高く、全商品の87%を境配慮素材で構成する。不要な服を回収し、再資源化してアップサイクルしたアイテムなどがそろう。店舗設計では、柱や壁を薄くして建築全体に使う資源を削減。ほかにも、効率よく空調管理できる吹き抜け構造や、空気を効率的断熱や紫外線カットに優れたガラスを採用して、店舗の消費電力を抑える。

 同社は1983年に「ザ・ノース・フェイス」を含めた複数ブランドを扱うかたちで初の直営店「ウェザーステーション」を原宿の竹下口にオープン。93年に明治通りに移転し、2000年から「ザ・ノース・フェイス」の屋号で営業するようになった。現在、原宿にはアウトドアの「マウンテン(MOUNTAIN)」、都市生活を意識した「スタンダード(STANDARD)」、女性向けの「マーチ(MARCH)」、子ども向けの「キッズ」、キャンプに特化した「オルター(ALTER)」の5店舗を構え、今回で6店舗となる。渡辺貴生ゴールドウイン社長は「原宿はさまざまなことを経験してきた場所。パンデミックを経て、再生へと向かう今、球体や循環を意味する“スフィア”と名付けて出店を決めた。カルチャーにたくさん触れられ、アスレチックも根付くこの街で、新しい気づきを得てもらいたい」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら