ファッション
特集 原宿・新時代 第1回 / 全17回

ファッションの街「原宿」の現在地

有料会員限定記事

ファッションの街「原宿」の現在地

ファッションとカルチャーの街・原宿が盛り上がりを見せている。ファッションをはじめ、ビューティ、スポーツ、フード、音楽、アートなどさまざまな分野の新規出店が相次ぎ、4月17日には神宮前交差点に複合商業施設「東急プラザ原宿『ハラカド』」が開業した。常に新しい文化を発信し、世界的にも注目を集める原宿の魅力とは何か。多くの人の証言から浮き彫りにする。(この記事は「WWDJAPAN」2024年4月22日号からの抜粋です)

原宿地価相場と新店舗地図

原宿地価相場と新店舗地図

REAL ESTATE:
ブランドの出店意欲旺盛 賃料水準上がる

上の地図では店舗の賃料が高い通りを3色で色分けした。ハイブランドを中心に出店意欲が高いため、表参道や明治通りは賃料水準が上昇している。20年に渋谷にミヤシタパークが開業した影響で、訪日客を含めて渋谷と原宿を歩いて行き来する人が増えた。

表通りと裏通りでシナジーを生む

新型コロナウイルスの5類移行から約1年がたち、原宿が活況を呈している。表参道、明治通り、竹下通り、キャットストリートといった主要エリアだけでなく、奥に少し入ったエリアまで買い物客が行き交う。裏原宿エリアの商店主で構成する原宿神宮前商店会の早川千秋会長は「原宿を30年以上見ているが、今が一番にぎわっているかもしれない。特に海外のお客さまの好奇心はすごい。SNSを見て、日本人でもあまり知らないようなお店まで訪ねるようになった」と話す。ファッション関連の店舗が多い原宿はコロナ禍に他の繁華街以上に打撃に受け、少し前まで空き店舗だらけだった。劇的な回復である。

この続きを読むには…
残り2001⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。