ビューティ

パーソナライズヘアカラー「カラリス」がカラーシャンプーを発売 大人の日常使いを重視して開発

 ストークメディエーションが展開するパーソナライズヘアカラーブランド「カラリス(COLORIS)」は、“カラーシャンプー”(全2種、各税込2400円)を11月24日に発売した。色の持続が難しいピンク系カラーの色みをキープする“カラーシャンプー ピンク”と、褪色時に黄ばみが出やすいハイトーンカラーやアッシュ系のカラーの透明感を長持ちさせる“カラーシャンプー パープル”がそろう。アミノ酸系洗浄剤とアミノ酸系保湿剤配合で、カラーを補いながら髪のケアも実現。繰り返し使用することで髪に艶を与える。

 ウエブカウンセリングによって髪の状態を診断し、注文者専用のヘアカラー剤とトリートメントを自宅に定期的に届けるという「カラリス」のサービス特性上、「染めたてのきれいな髪色を維持したい」という顧客の意識が高いことに着目し、カラーシャンプーの開発に至った。

 従来のカラーシャンプーのようにハイトーンカラーを維持するためのものではなく、褪色時の黄ばみや白髪の白浮きをおさえながら、普段使いできる大人のためのカラーシャンプーを意識。忙しい女性が日常使いしやすいことに重点を置いた。

 「カラリス」は2019年9月に誕生した日本初のパーソナライズヘアカラーの定期通販サービス。ウェブ上のカウンセリングをもとに一人一人に最適なヘアカラー剤とトリートメントを調合し、自宅に届ける。口コミを中心に会員数を伸ばし、現在は5万人を超えるユーザーに支持されている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。