ファッション

「ケンゾー」のデザイナーが退任 ブランドは新たな方向性を探求か

「ケンゾー(KENZO)」を手掛けるフェリペ・オリヴェイラ・バティスタ(Felipe Oliveira Baptista)=クリエイティブ・ディレクターは6月30日の契約終了をもって退任する。2020-21年秋冬コレクションでのデビュー以来、ノマドなムードやユーティリティーを取り入れたコレクションでブランドを刷新したものの、2年間という短い任期となった。後任は追って発表される予定だが、同ブランドは新たな方向性を探求すると見られる。

 オリヴェイラ・バティスタは声明の中で、「この素晴らしいメゾンと創業者である高田賢三氏のレガシーに貢献できたことを、光栄に思っている。チームの才能と献身に感謝している」とコメント。またシルヴィ・コラン(Sylvie Colin)最高経営責任者は、「彼の才能、クリエイティビティー、そしてメゾンのアーティスティックな発展への貢献」に対して感謝の意を表した。

 ポルトガル出身のオリヴェイラ・バティスタは、ロンドンのキングストン大学で学んだ。イエール国際フェスティバルのファッション部門賞を受賞した翌年の03年、自身の名を冠したブランドをパートナーのセヴェリーヌ・オリヴェイラ・バティスタ(Severine Oliveira Baptista)と共に設立(14年に休止)。10年からは8年間、「ラコステ(LACOSTE)」のクリエイティブ・ディレクターとして活躍した後、ウンベルト・レオン(Humberto Leon)とキャロル・リム(Carol Lim)の後任として「ケンゾー」のクリエイティブ・ディレクターに就任した。就任後は高田氏とも実際に会い、彼と話したことやアーカイブからヒントを得てデビューコレクションを制作。3月には、20年10月に他界した高田氏にオマージュを捧げる色柄に富んだ21-22年秋冬コレクションを発表した。

 4月21日には、「ケンゾー」と同じLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下の「ベルルッティ(BERLUTI)」もブランド再編に伴い、クリス・ヴァン・アッシュ(Kris Van Assche)=アーティスティック・ディレクターの退任を発表。ブランドの在り方を見直す流れは、今後も続きそうだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら