ファッション

「ヴァレンティノ」がクチュールを7月にローマで発表 巨匠ニック・ナイトを迎え生配信

 「ヴァレンティノ(VALENTINO)」は、7月21日にイタリア・ローマで2020-21年秋冬オートクチュール・コレクションをパフォーマンス形式で発表し、その様子を生配信する。会場となるのはローマ郊外の映画撮影所、チネチッタ スタジオ(Cinecitta Studios)。「現状を重んじて、必要な安全対策を講じた上で開催される」というショーには、イタリア在住のジャーナリストやエディターのみを招待する予定だ。

 ピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)=クリエィティブ・ディレクターは「人の手によって作られたクチュールの価値をデジタルにおいても最大化するため」、ファッション・フォトグラファーやフィルムメーカーとして早くからデジタルでの表現に取り組んできたニック・ナイト(Nick Knight)の協力を得ることを明かした。

 「ヴァレンティノ」は、人間味はデジタル効果で取って代われるものではないと強調。ライブパフォーマンスは「クチュールの創造性と想像力、そして感情を表現し、人間味とデジタルの両方を一つにし、どちらか一方では成し遂げられなかった対話を可能にするはずだ」とコメントした。
 
 なお、7月6〜8日にはフランスオートクチュール·プレタポルテ連合会(Federation de la Haute Couture et de la Mode、通称サンディカ)主導による初のデジタル・クチュール・ファッション・ウイークが開催される予定だが、「ヴァレンティノ」はこれにも参加し、7月8日18時(現地時間)に同コレクションのインスピレーション源を披露するという。
 

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら