ファッション

「写真はもう死んだ」 巨匠ニック・ナイトが語るデジタル時代のイメージメーキング

有料会員限定記事

 新型コロナウイルスの危機は、ランウエイショーや紙媒体という昔ながらの物理的フォーマットを重視してきたファッション業界にデジタル化という大きな変革をもたらしている。ただし、多くの業界人にとってなじみのないデジタルへの移行は、“月旅行”と同じくらい難しいものだ。そんな人々に耳を傾けてほしいのは、常に時代の先を見据えて、30年以上にわたり第一線で活躍を続ける巨匠ニック・ナイト(Nick Knight)の言葉だ。

 写真家としての地位を築きながらも“服の動き”の重要性を信じるナイトは、1980年代から映像を取り入れ、その後もテクノロジーを駆使した新たなファッションの表現に取り組み続けている。2000年には、デジタルでの表現の可能性を探求するためにファッションウェブサイト「ショースタジオ(SHOWSTUDIO)」を創設。山本耀司やアレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)、ジョン・ガリアーノ(John Galliano)といったデザイナーたちとのコラボレーションや、グローバルブランドの広告キャンペーン、有名ファッション誌のエディトリアルで知られる一方で、新進気鋭のデザイナーやアーティストとのプロジェクトにも力を注いでいる。そんなナイトのこれまでのキャリアや信念に迫るとともに、ファッション業界に押し寄せる変化の波についての意見を聞いた。(この記事はWWDジャパン2020年6月8日号からの抜粋に加筆しています)

この続きを読むには…
残り6918⽂字, 画像6枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら