ファッション

「ディオール」のクチュールコレクションは映画「ピノキオ」の監督によるフィルム形式で発表 ARフィルターも

 マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)による「ディオール(DIOR)」は、2020-21年秋冬オートクチュール・コレクションをイタリア人映画監督マッテオ・ガローネ(Matteo Garrone)によるフィルム形式で7月6日21時半(日本時間)に発表する。フィルムは「ディオール」の公式ウェブサイトのほか、フランスオートクチュール・プレタポルテ連合会(Federation de la Haute Couture et de la Mode)のウェブサイトで配信される。

 ガローネ監督は19年公開の実写版映画「ピノキオ(Pinocchio)」やダーク・ファンタジー映画「五日物語-3つの王国と3人の女-(Il racconto dei racconti)」を手掛けたほか、映画「ゴモラ(Gomorra)」と「リアリティー(Reality)」で2度、「カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)」審査員特別グランプリを受賞している“イタリアの鬼才”と評される人物だ。

 「ディオール」はコレクションの発表に先駆けてティーザー動画2種を公開した。1つめは、第2次世界大戦下のフランスで催された展覧会「テアトル・ドゥ・ラ・モード(Theatre de la Mode)」を紹介するもの。当時のアーティストとファッションデザイナーは協力して人形を制作し、それを展観する同展を世界に巡回させるという新たな手法で戦争という困難な時代においても、サヴォワフェールを紹介し、オートクチュールを存続させることができたという。

 2つめの動画は「ディオール」のクチュリエたちが同コレクションの制作過程や困難だったことなどを説明したもの。クチュリエたちが「袖口がずっと小さい」「ミニチュアゆえ真の正確さが求められる」などと語っていることから、上記の展覧会に着想を得てミニチュアサイズのコレクションを制作し、それをガローネ監督が撮影・映像化したものを配信することが予想される。

 ディオールはガローネ監督が「夢のような世界観のなかで、アトリエの匠の技によって具現化されたオートクチュールのクリエイションに生命を吹き込む」とコメントしている。

 また「ディオール」はショー開始の直前にインスタグラム、フェイスブック、スナップチャットでARフィルターをリリースする予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。