ファッション

相澤陽介がJ1北海道コンサドーレ札幌のクリエイティブ・ディレクターに就任

 サッカー・J1リーグに所属する北海道コンサドーレ札幌は21日、「ホワイトマウンテニアリング(WHITE MOUNTAINEERING)」でデザイナーを務める相澤陽介を、同チームのクリエイティブ・ディレクターに招へいしたことを発表した。

 招へいの理由について北海道コンサドーレ札幌の広報は、「野々村芳和コンサドーレ社長をはじめ、もともと複数の社員が相澤氏とつながりがあったことに加え、相澤氏がサッカー好きということもあり実現に至った」。相澤クリエイティブ・ディレクターは、すでに公開されている2019-20シーズンのポスターを手掛けている他、今後はTシャツやキャップなどのアパレルを中心としたオフィシャルグッズもデザインするという。

 なお北海道コンサドーレ札幌のユニホームは、イタリア発スポーツブランド「カッパ(KAPPA)」によるもの。

 相澤陽介は1977年埼玉県出身。自身の「ホワイトマウンテニアリング」の他、「ハンティング・ワールド(HUNTING WORLD)」ではディレクターを、多摩美術大学では客員教授を務めるなど、多岐にわたって活躍している。

 昨年はFIFAワールドカップの開催もあって、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「ゴーシャ ラブチンスキー(GOSHA RUBCHINSKIY)」「アクネ ストゥディオズ(ACNE STUDIOS)」「ヴェルサーチェ(VERSACE)」など、多くのブランドがサッカーに関するアイテムを発売。また、「ナイキ(NIKE)」が手掛けたナイジェリア代表のユニホームが、街着としても着られるそのデザイン性の高さから発売前に300万件の予約が殺到するなど、ファッション業界とサッカーの関係は年々深くなっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら