フォーカス

もはや芸術 ローマで体感した「フェンディ」クチュールの凄さ

 「フェンディ(FENDI)」は7月4日、ローマ・パラティーノの丘で2019-20秋冬オートクチュール・コレクションの発表イベントを行った。同ブランドは年1回、パリでオートクチュールを発表しているが、今年は、長年同ブランドのクリエイティブ・ディレクションを手掛けた故カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)に捧げるショーを本拠地であるローマで開催。 “ザ ドーン オブ ロマニティ(THE DAWN OF ROMANITY)”と名付けられた同コレクションでは、カールがメゾンと共に歩んだ54年間にちなむ54体を発表した。ショー後には盛大なガラディナーを開催し、54年間にわたるカールとの協業と「フェンディ」の未来を祝福した。また、同ブランドはこれを機に、ウエヌスとローマ神殿(TEMPLE OF VENUS AND ROME)の修復に250万ユーロ(約3億250万円)を拠出すると発表。15年に完成したトレビの泉の修復に続くローマの遺跡修復への資金提供になる。

 ショーではマッシュルームカットのモデルらが登場。1970年代をほうふつとさせるテーラーリングのパンツスーツやジオメトリックな切り替えを施したドレス、「フェンディ」が持つ職人技を駆使して軽やかに仕上げたファーコートなどを発表した。

 テーマは3つ。カールが生前にクリエイションを共にしたシルヴィア・フェンディ(Sylvia Fendi)=クリエイティブ・ディレクターに渡したという世紀末ウイーンの書籍、イタリア特有の大理石、そして自然だ。大理石の模様はプリントや染め、ファーの加工などさまざまな技法で表現。ドレスやコートに施された麦のモチーフは豊かな自然を表し、ウイーン世紀末の絵画に見られる強い描線をパッチワークのステッチで表した。花弁のようなディテールやモザイクのような刺しゅうなど複雑なデザインを、メイン素材のファーにタフタやシフォンをミックスし軽やかに仕上げている。

 通常重くなりがちな印象のファーを軽やかに見せる「フェンディ」の職人技を翌日、本社で行われたショーピースの展示会で目の当たりにした。ショーはカールへのオマージュだが、受注会を兼ねて1週間一般にも公開される同展は「フェンディ」の未来を象徴するものだ。54体の中には、本社にあったファーやレザーをアップサイクルしたものが3体あった。「フェンディ」では今後もこのような取り組みを継続していくようだ。会場ではファー職人をはじめ、刺しゅう職人などが実際に作業する姿も見られた。本社地下1階がファーとオートクチュールのアトリエになっており、約40人の職人がいるという。

 「フェンディ」が目指すのは、“ファーとファブリックの境界をなくす”こと。デザイナーの想像力とそれをウエアに落とし込む職人のクラフツマンシップの高さの両方がなければ実現できない。ショーピースを間近に見ると、その2つがどれだけ複雑で高度なものかを実感できる。モザイクのように組み合わせて模様を描いたり、紐状にカットして編みこんだり、チュールの上に縫い付けたり、その緻密さは想像を絶するほどだ。通常のウエア以上にデザインにも時間がかかるし、1着完成するのに相当な時間を要するのは明らかで、「フェンディ」のクチュールがハイジュエリーと同じ価格帯だというのも十分納得ができる。世界で一着の芸術品を手に入れたいという富裕層を魅了する「フェンディ」のクチュールの真髄は、カール亡き後もシルヴィア・フェンディと職人たちにより受け継がれていく。