ファッション

アマゾンがロレアルのバーチャルメイク機能を導入

 ロレアルグループ(L’OREAL GROUP)傘下のモディフェイス(MODIFACE)とアマゾン(AMAZON)は、アマゾンのモバイルショッピングサイトとアプリ上でバーチャルメイク機能を提供する。同機能の導入は日本国内のECサイトで初めて。
 
 同機能は、モディフェイスのAI(人口知能)とAR(拡張現実)技術を活用したもの。AIで自動的に製品の色などを分析し、ARによって色や質感をユーザーやモデルの画像に再現することができる。購入前に色を試したいというユーザーの要望が特に多かったリップを対象に、日本ロレアル、資生堂、カネボウ、コーセー、花王から計18ブランド、890点以上の商品ページで利用可能。今後、対象のアイテムカテゴリーやブランドを拡大していく予定だ。

 バーラム・アーラ(Parham Aarabi)=モディフェイスCEOは「アマゾンとの協業により、バーチャルメイクを通じてより快適なオンラインショッピング体験を提供できることをうれしく思う。独自のAI技術によって高精度な色を実現でき、消費者は多くの色をバーチャルで試して最も似合う色を購入することが可能になる」と語った。

 2018年にロレアルが買収したモディフェイスは06年の創業で、バーチャルで試せるメイクアップや肌診断、ヘアカラーのシミュレーションアプリといったサービスを数多くのビューティブランドに提供してきた。ロレアルは、中国EC「Tモール(TMALL)」「タオバオ(TAOBAO)」を展開するアリババ(ALIBABA)との協業を発表したばかりだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら