ファッション
連載 週間ランキング

1位は、「ケイト」のマツキヨ&ココカラ限定商品発売 月光艶肌仕上げの人気パウダーを限定デザインで|週間アクセスランキング TOP10(1月25〜31日)

1位は、「ケイト」のマツキヨ&ココカラ限定商品発売 月光艶肌仕上げの人気パウダーを限定デザインで|週間アクセスランキング TOP10(1月25〜31日)

「WWDJAPAN」 ウイークリートップ10

1週間でアクセス数の多かった「WWDJAPAN」の記事をランキング形式で毎週金曜日にお届け。
今回は、1月25日(木)〜1月31日(水)に配信した記事のトップ10を紹介します。


- 1位 -
「ケイト」のマツキヨ&ココカラ限定商品発売 月光艶肌仕上げの人気パウダーを限定デザインで

01月25日公開 / 文・WWD STAFF

 「ケイト(KATE)」の人気パウダー“ムーンプレストブライトパウダー”の、マツモトキヨシ&ココカラファイン限定アイテムが2月10日に数量限定で発売される。パフと鏡付きのコンパクトがセットになっていて、コンパクトのパッケージデザインはイラストレーターのchoocoが手掛け、アイテムの特長を象徴する月明かりをモチーフにしたデザインを施している。

> 記事の続きはこちら

- 2位 -
3000万円超の「エルメス」“バーキン”も販売! 「コメヒョウ ギンザ」が売上点数トップ5を発表

01月25日公開 / 文・三澤 和也

 オープンから1年が経過した「コメヒョウ ギンザ」は、バッグとジュエリーの年間売上点数トップ5ブランドを発表した。

> 記事の続きはこちら

- 3位 -
モンベル、被災地支援に「アウトドアの知恵」 約30年の積み重ねを生かす

 能登半島地震が発生して1カ月。企業による物資の支援や義援金が活発になる前、いち早く動いたのがアウトドア用品メーカーのモンベルだった。ボランティア集団「アウトドア義援隊」を発足させ、現在までに延べ120人が現地で活動した。同社が扱うアウトドア用品は防災や災害時に役立つものが多い。行政の手が届きにくい初期段階から迅速に動けるのは、1995年の阪神大震災以来、積み重ねてきた支援経験があった。

> 記事の続きはこちら

- 4位 -
J.フロント新社長に48歳の小野圭一氏

01月30日公開 / 文・本橋 涼介

 大丸松坂屋百貨店やパルコを傘下に持つJ.フロント リテイリングは30日、現執行役常務の小野圭一氏(48)が3月1日付で新社長に就くトップ人事を発表した。現社長の好本達也氏(67)は代表権のない取締役兼執行役に退く。

> 記事の続きはこちら

- 5位 -
若手下着ブランドを支援する中国・上海「ヤングレーベルアワード2023」 日本から「ケープラスワンパーセント」が入賞

 中国・上海で開催された下着、水着、アクティブウエアを展開するブランドが対象のコンテスト「ヤングレーベルアワード2023(以下、YLA)」で、サニタリーショーツを柱に展開するブランド「ケープラスワンパーセント(K+1%)」が3位に入賞した。同アワードを主催するのは、下着等の総合見本市「パリ国際ランジェリー展」や素材や資材展の「アンテルフィリエール」などを開催するユーロヴェットのアジア部門。18年から開催されている「YLA」は、デビューから10年以内のブランドが対象で、新しいブランドとビジネスパートナーとの出合いを提供している。審査員を務めるのは、下着・水着専門のコンサルティング会社コンセプトパリのジョス・ベリーCEO兼創設者や「ザ シェイプ オブ ザ シーズン(THE SHAPE OF THE SEASON)」のマチュー・ピネ創設者など6人。日本からは筆者が参加した。

> 記事の続きはこちら

- 6位 -
「リーバイス」が“タブ”商標を巡って「ブルネロ クチネリ」を商標権侵害で提訴

01月30日公開 / 文・米国版WWD

 リーバイ・ストラウス(LEVI STRAUSS以下、リーバイス)は、同社が商標登録しているバックポケットの縁に縫い付けるタブの商標権を「ブルネロ クチネリ(BRUNELLO CUCINELLI)」が侵害しているなどとして、侵害品の製造差し止めなどを求めて提訴した。

> 記事の続きはこちら

- 7位 -
アマゾンのAIが「返品天国アメリカ」に投じた一石【鈴木敏仁USリポート】

 アメリカ在住30年の鈴木敏仁氏が、現地のファッション&ビューティの最新ニュースを詳しく解説する連載。アメリカのECビジネスの深刻な問題の一つが消費者からの返品率の高さだ。試着できない代わりにサイズや色柄を多めに注文して、気に入らなければ返品するのが当たり前。アパレルの返品率は2〜3割に達し、コストを負担する企業の経営を圧迫する。アマゾンが対策に乗り出した。

> 記事の続きはこちら

- 8位 -
【2024年バレンタイン】「ルイ・ヴィトン」が男女に向けたキャンペーンビジュアルを公開

01月29日公開 / 文・WWD STAFF

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」はバレンタインデーに向けて、ギフトセレクションのキャンペーンビジュアルを公開した。

> 記事の続きはこちら

- 9位 -
「ポール・スミス」、ドイツの全直営店を1月末で閉店 卸は継続

01月25日公開 / 文・米国版WWD

 「ポール・スミス(PAUL SMITH)」は、ドイツの全ての直営店を1月末でクローズする。対象となるのは、ドイツの第1号店で2014年にオープンしたハンブルグ店のほか、ベルリン店とミュンヘン店で、卸は今後も継続する。なお、閉店は主に同市場の不景気による需要減のほか、インフレやコストの上昇によるものだという。同ブランドの広報担当者は、「ドイツで運営する店舗のリース契約は、現在とは購買傾向が全く異なるコロナ禍前に締結している。現地スタッフの貢献や努力を思うと、閉店の決断は苦渋に満ちたものだった。また、ドイツにおける当ブランドの卸売の販売網を誇らしく思っており、今後も大切な取引先と共に尽力していきたい」とコメントした。

> 記事の続きはこちら

- 10位 -
「コム デ ギャルソン」と「ヨウジヤマモト」だけのファッションショー 横浜の古着店が開催

01月30日公開 / 文・三澤 和也

 横浜・元町の古着店「オンザコーナー」は2月1日、みなとみらいのライブハウス「横浜MMブロンテ ライブ」で、「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」と「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」のアーカイブだけを着用するファッションショー「2.1 THE SHOW」を行う。現在、イープラスでチケット(3500円/入場時別途ドリンク代600円)を販売中だ。

> 記事の続きはこちら
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。