ファッション

“バナナシューズ”や風船のようなブーツなど? クセが強めな2024-25年秋冬メンズコレシューズまとめ

1月に開催された24-25年秋冬メンズ・コレクションでは、注目を集めるシューズや小物が多く登場した。「リック・オウエンス(RICK OWENS)」のシューズデザインの限界に挑戦したブーツや「コム デ ギャルソン・オム(COMME DES GARCONS HOMME)」によるダブルソールのレザーシューズ、「チャールズ ジェフリー ラバーボーイ(CHARLES JEFFREY LOVERBOY)」の“バナナブーツ"など。ここでは、今季メンズ・コレクションから、最もクレイジー(良い意味で)で話題となったメンズシューズを紹介する。

「チャールズ ジェフリー ラバーボーイ」

ブランド10周年を記念して、スコットランド出身のデザイナー、チャールズ・ジェフリー(Charles Jeffrey)が実験的でパンクなコレクションを発表した。19年秋冬にイギリスのシューズメーカー、「ローカー(ROKER)」とのコラボレーションで初登場したクローシューズが同ブランドのシグネチャーだが、今シーズンはチャンキーなウェリントンブーツを披露。最も目を引いたのは、鮮やかなイエローの一足で、履く人のふくらはぎに近づくにつれ、皮をむいたバナナのようなシルエットだ。

「コム デ ギャルソン・オム」

「コム デ ギャルソン・オム」は、「キッズ ラブ ゲイト(KIDS LOVE GAITE)」とのコラボレーションを継続し、新たな“ダブルシューズ”を提案した。昨シーズン、2つのトゥボックスを持つダービードレスシューズを発表したが、今シーズンは2つのソールを持つシューズを披露。強調された2つ目のソールが靴の側面から飛び出した。ウィングチップのディテールが特徴的なブローグシューズは、伝統的なブラックスタイルとスネークスキンがプリントされたレザーバージョンの2色展開でランウエイに登場した。

「ディースクエアード」

ディースクエアード(DSQUARED2)」が今季に発表したのは、ボリューミーな毛並みのファーブーツ。毛足の長いファーがアッパー全面を覆っている。“無骨と洗練の融合”というコレクション全体のテーマに沿ったアイテムだ。

「フェンディ」

今季のショーでは、米ロサンゼルスと伊ローマを拠点とする建築スタジオ「マッドアーキテクツ(MAD Architects)」創設者、マ・ヤンソン(Ma Yansong)との新しいコラボレーションを発表した。人と自然との共存をフューチャリスティックに表現したという本コレクションには、タウン&カントリーなアイテムが登場。「フェンディ」とヤンソンのコラボシューズは射出成型した有機的なソール、ツートンカラーのバブルデザインとメタリックなアクセントをあしらったアッパーが特徴のスリッポンスニーカー。捻りを効かせたクラシックなコレクションに、人間工学に基づいたシルエットで都会的なエッセンスを加えた。

「フェン チェン ワン」

ロンドンを拠点とする中国出身のメンズウェア・デザイナー、フェンチェン・ワン(Feng Chen Wang)は取り外し可能な成型ソールをあしらったスニーカーを発表した。ワン=デザイナーによれば、「チャフ(Chahu)」と呼ばれるこの3D成型ソールは、不規則な角が3次元的にカーブした変形ティーポットの形から着想を得たものだという。

「ケンゾー」

Nigoは今シーズン、「ケンゾー(KENZO)」で多くのメンズシューズを発表したが、一際目立っていたのは新作の“ケンゾーバイカー”だ。ショーノートによれば、モトクロスに着想した近未来的なバイカーブーツとのこと。つま先にはシルバーメタルのネームプレート、ふくらはぎとアッパーにはシルバーの大きなリベット、ふくらはぎの前面には“KENZO PARIS”のロゴを大きくあしらった。

「MSGM」

「MSGM」のデザイナー、マッシモ・ジョルジェッティ(Massimo Giorgetti)は、2024年秋冬コレクションのランウエイショーのため、ミラノ中心部に位置するミラノ中心部に位置するポルタ・ヴェネツィア駅構内をジャックした。最も目を引いたのはレザーのソールのフェイクファーミュール。暖炉のそばでくつろぐスリッパのように、ふわふわで“Cozy(快適な)”なスタイルを打ち出した。他にもローラーバックルと「MSGM」のロゴ入りメタルバックルを備え、カーフスキンにラグソールを組み合わせたメリージェーンも登場した。

「リック・オウエンス」

「リック・オウエンス」による風船のようなゴム製ストレッチブーツはSNSでも大きな反響を呼んだ。このブーツは英デザイナー、ストレイテュケイ(Straytukay)とのコラボレーションで、ブラック、フォレストグリーン、エッグシェル、バーガンディ、ブラウンのアニマルプリントと、豊富なカラーでランウエイに登場した。

「サカイ」

今季、「サカイ(SACAI)」の阿部千登勢デザイナーはユニホームの可能性を探求し、ショーではボリューミーなファーブーツを披露した。白と茶色の毛足の長いファーをアッパーにあしらい(ランウェイには黒バージョンも登場)、阿部デザイナーのシグネチャーである誇張されたソールと組み合わされたプラットフォームブーツだった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。