ファッション
特集 2024年春夏メンズ速報

メンズの最新トレンドはあえて“映えない”4つのスタイル【特集:2024年春夏メンズ速報】

有料会員限定記事

2024 S/S Men's COLLECTION

2024年春夏シーズンは、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」こそ“映える”スタイルだったものの、全体的には華美な装飾をそぎ落とし、品のいい素材や縫製に、シルエットでアレンジを効かせた、あえて“映えない”スタイルが継続してトレンド。従来の新しいスーツの探求に加え、普遍的なワークウエアの再解釈や、ウィメンズのシルエットや素材を交差させる潮流が活発だ。控えめな“クワイエット・ラグジュアリー”から一歩進んだ4つのトレンドを紹介する。(この記事は「WWDJAPAN」2023年7月10日号からの抜粋です)

ワーク×ライフ×バランス

メンズでは普遍的なワークウエアをベースに、シェイプを極端に変えた違和感のあるバランスや、タフな素材をエレガントな服に用いたり、ワークウエアとスーツを融合させたりするアイデアが今シーズン最注目のトレンド。リモートワークでオフィスと日常の境目があいまいになり、ファッションのワークライフバランスにも変化が起きている。

ロエベ(LOEWE)

数シーズン継続している“無駄をそぎ落とした還元主義”のテーマに基づき、さらにリアルなワードローブで構成。彫刻家リンダ・ベングリスの作品から着想を得たジョナサン・アンダーソンは、「魚眼レンズを通して人の体を見上げるアイデア」が出発点だと語り、胴体が短いクロップド丈と脚が伸びたハイウエストのボトムスで、体の比率を変えたプロポーションを強調する。カーディガンのボタンの位置がずれ、ヘリンボーンの模様が不規則なのも、魚眼レンズ越しに屈折しているから。一枚のニット生地を折りたたんでレイヤードに見せた二重のニットウエアや、シューズと一体化したボトムスなど、細かなギミックを加えて定番アイテムを非凡なスタイルへと変える。

サカイ(SACAI)

この続きを読むには…
残り3554⽂字, 画像73枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。