ニュース

資生堂と世界最大のドラッグストアチェーンが業務提携 アジア圏への市場拡大を狙う

 資生堂は5月30日、香港を拠点とする世界最大のドラッグストアチェーン、ワトソンズグループ(WATSONS GROUP以下、ワトソンズ)と戦略的業務提携を締結した。

 今回の戦略的業務提携で、資生堂の研究開発力およびブランド力と、世界に約1万5000店舗を展開するワトソンズの小売りネットワークや消費者データを活用することで商品を開発。日本製品の需要が高い中国やインドネシア、フィリピンなどアジア圏へのさらなる市場拡大を狙う。
 
 ワトソンズは1841年に香港で設立されたドラッグストアチェーン。現在25の国と地域で約1万5000店を運営し、店舗とECサイトを合わせた年間の総客数は52億人に上る。資生堂グループ商品のワトソンズでの取り扱いは1987年に台湾でスタートし、現在はアジアを中心に10ブランド以上を展開する。今年4月、ワトソンズを介して資生堂の敏感肌向けスキンケアブランド「dプログラム」を中国で発売し、計画を上回るスタートを切っている。また共同開発した「dプログラム」の「アーバンダメージケア」は18年10月からタイと台湾で販売し、今年7月から中国でもする予定だ。