ビジネス

ロレアルとアリババが協業 ニキビ診断アプリで中国の若年層にアプローチ

 ロレアル(L’OREAL)とアリババ(ALIBABA)は、アリババが展開する中国EC「Tモール(TMALL)」「タオバオ(TAOBAO)」のプラットフォーム上で6月から肌診断アプリを展開する。5月16〜18日にフランス・パリで行われた欧州最大のスタートアップ及びテクノロジー関連イベント「ビバ テクノロジー 2019(以下、ビバ テック)」で発表したもの。

 同アプリはロレアル傘下の「ラ ロッシュ ポゼ(LA ROCHE POSAY)」からローンチする「エファクラ スポットスキャン(EFFACLAR SPOTSCAN)」だ。「エファクラ スポットスキン」はアリババのAI(人工知能)技術を使用している。欧州、中東(EMEA)を担当するイェミン・ワン(Yeming Wang)=アリババEMEAゼネラル マネジャーは「AI技術を通じて、消費者は自分の肌状態をより理解できるようになり、より自分の肌に合ったスキンケア方法を選ぶことができる」と語った。中国では若者の80%がニキビに悩んでいるとされる一方、皮膚科医の割合は6万人に対し1人と推定されている。

 このアプリの前身となる「スキンコンサルタント(AI)」は、ロレアルが18年に買収したAR(拡張現実)とAI事業を展開するモディフェイスとの共同開発により、米発スキンケアブランド「ヴィシー」が皮膚科医の協力を得て開発したパーソナルスキンケア提案アプリだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら