ビューティ

日本ロレアルが全事業部において空き容器回収を開始 テラサイクルと協業

 日本ロレアルはテラサイクルジャパンと協業し、化粧品の空き容器の回収を全事業部で開始する。同社はすでにロレアル リュクス事業部の「キールズ(KIEHL'S)」で空き容器の回収をしてきたが、今後は「イヴ・サンローラン(YVES SAINT LAURENT)」など、同事業部の主要ブランドでも2021年上半期中にスタートする。そのほかコンシューマー プロダクツ事業部では「メイベリン ニューヨーク(MAYBELLINE NEW YORK)」、臨床皮膚医学に基づくスキンケアブランドを展開するアクティブ コスメティックス事業部では「ラ ロッシュ ポゼ(LA ROCHE POSAY)」が年内に容器回収を始める計画だ。「ケラスターゼ(KERASTASE)」や「ロレアル プロフェッショナル(L'OREAL PROFESSIONNEL)」など、美容室向けの商品を取り扱うプロフェッショナル プロダクツ事業部では、取引先サロンにおける使用済みカラーチューブ回収活動の準備を行っている。

 今回の連携は2020年6月に発表したサステナビリティプログラム「ロレアル・フォー・ザ・フューチャー」の一環として実施する。日本ロレアルで展開する主要12ブランドが本取り組みに参画し、空き容器回収を随時開始する。