ニュース

「ドルチェ&ガッバーナ」デザイナーデュオが謝罪動画を公開 日本語訳全文を掲載

 ステファノ・ガッバーナ(Stefano Gabbana)とドメニコ・ドルチェ(Domenico Dolce)「ドルチェ&ガッバーナ」創業者兼デザイナーデュオが中国で起きた一連の騒動を受けて謝罪動画を公開した。

 この動画は11月23日午後(中国現地時間)に「ドルチェ&ガッバーナ」の公式ウェイボー(Weibo、微博)アカウントが公開したもので、同ブランドが今回の騒動について謝罪を公開するのは少なくともこれで3回目だ。動画で2人は黒色に身を包み、打ちひしがれた様子でカメラに向かって「对不起(Dui bu qi)」と中国語で謝罪している。ドルチェ=デザイナーはまず中国国民に対して許しを請い、続けてステファノ=デザイナーが「世界のすべての中国人に謝罪したい」と語った。

 「ドルチェ&ガッバーナ」のデザイナー2人による謝罪文全文は以下の通りだ。

ドルチェ:私たちはここ数日間、深い後悔の念と共に、多くのことを考えていた。私たちの身に起きたこと、そして私たちがあなたの国に何をしてしまったかについてだ。そして、深くお詫び申し上げる。私たちの家族は世界中のすべての異文化に対し、敬意を表すように常に教えてくれた。だからこそ、私たちがもしあなたの国の文化を解釈するのを間違えていたら、深くお詫びする。

ステファノ:多くの人がいるので世界中のすべての中国人にお詫び申し上げるが、私たちはこの謝罪とこのメッセージを心から発している。

ドルチェ:私たちはずっと中国を深く愛してきた。この国、そしてこの国多くの都市を何度も訪れ、あなたたちの文化を愛している。私たちが学ぶべきことは確かに多くあり、もし間違えた表現をしてしまっていたなら、深く謝りたい。

ステファノ:私たちはこの経験を絶対に忘れないし、絶対に同じようなことは繰り返さない。私たちは改善に向けて努力し、中国文化を全ての面で尊敬する。心の底から、あなたたちの許しを求める。

ステファノ&ドルチェ:对不起。

 騒動の発端は「ドルチェ&ガッバーナ」がSNSに投稿した、「箸で食べる」と題された3つの動画だ。動画はピザ、カンノーロ、スパゲッティといったイタリア料理を食べる方法をアジア人モデルに北京語で指南するという内容で、人種差別的と批判を受けることになった。あるインスタグラムユーザーがビデオに関してステファノ=デザイナーにDMで質問を投げかけると、中国を侮辱する内容のメッセージが返ってきた。これをファッション界のコピー品糾弾からゴシップまでカバーするアカウント「ダイエット プラダ(Diet PRADA)」が非難したことで事態が大きく知れ渡ることになり、同ブランドが21日に上海で開催予定だったファッションショーは多くの中国人セレブリティーやモデルが参加を拒否し、瞬く間にキャンセルされた。「ドルチェ&ガッバーナ」とステファノ=デザイナーはそれぞれ謝罪文を発表し、一連の投稿は「アカウントをハッキングされた」ためと主張していた。

 問題となった3つの動画は、いち早く「ドルチェ&ガッバーナ」の中国のローカルチームによってウェイボーから削除されたようだが、現在同ブランドのインスタグラム、ツイッター、フェイスブックからも削除されている。中国語圏で10店舗を抱える中国の有力百貨店レーン クロフォード(Lane Crawford)が同ブランドの取り扱いをやめると発表した他、ヨーロッパ拠点の大手EC企業ユークス ネッタポルテ グループ(YOOX NET-A-PORTER GROUP)の中国支社、アリババ(ALIBABA)やJDドットコム(JD.com)、セコー(SECOO)といった中国の大手EC企業の一部運営サイトからも削除されている。